スポンサーリンク

第67回NHK紅白歌合戦

今年も気が付けば残りわずか。皆さん今年のお正月はどのように過ごす予定ですか?

お正月といえば、やはり毎年恒例の紅白歌合戦ですよね^^

時代が進み、紅白歌合戦の楽しみ方も変化してきています。

今回の紅白歌合戦の魅力や楽しみ方、ご紹介していきたいと思います。

 

今までとの違いは?

今回の紅白歌合戦、今までと少し異なる点が幾つかあります。

①どの世代でも楽しめる、多様な出演者ラインナップ

出演者のラインナップを見てみましょう。

NHKのHPより、

WS000065

ご覧いただけますように、今回は初出場の方が多いですね。

今年日本を席巻したRADIO FISHことオリエンタルラジオや、YouTube再生が回数世界一という快挙を果たしたピコ太郎、解散から再び息を吹き返したイエローモンキー、20年近くJ-POPのトップに君臨し続けているKinki Kids、今や海外でも大きな存在感を放つ宇多田ヒカル、記録的大ヒット映画「君の名は。」の主題歌を手掛け、一層そのステータスを高めたRADWIMPS、新たな若手アイドルとして早くも高い人気を誇る欅坂46など…

今年も含めて様々な年に頭角を現した、様々なジャンルのアーティスト達が今回新たに参戦し、昔から紅白を盛り上げ続けてきた松田聖子さんや五木ひろしさん達と共演します。

まさに年代を超えて集結した豪華なラインナップ。あらゆる世代の方が楽しめること、間違いなしではないでしょうか。



スポンサーリンク

 

②司会が有村架純さんと嵐の相葉雅紀さん。

男女一人づつで司会進行する、というスタイルは新しいものではないです。

ですが皆さん、嵐が一時期司会を担当していたのを覚えていますか?

その頃のことを思うと、今回は相葉さんだけが司会としてもステージに立つというのは斬新でとても楽しみな試みですね!

有村さんの清楚なキャラクターと相葉さんの明るく、お茶目なキャラクターがどんな化学反応を見せてくれるのか、早くも楽しみです^^

 

 

紅白ウラトークチャンネルで違う角度からも楽しもう!

皆さん、紅白歌合戦の副音声”紅白ウラトークチャンネル”を聞いたことがありますか?

2年前から始まった企画で、今年もあるそうです。

MCは3年連続でバナナマンのお二人が担当。堅いイメージのNHKとは思えない自由なトークと、そこにゲスト出演したT.M.Revolutionがゴールデンボンバー、May.Jに合わせて圧倒的な歌唱力で熱唱して強制退場になるなど、全く違う角度で紅白歌合戦を盛り上げました(笑)

果たして今年は何が起こるのか…!? (出演者にT.M.Revolutionは含まれていませんね(笑))

本チャンネルのアツい感じから、緩いウラトークチャンネルへと緩急を楽しめるのも新たな魅力の1つです。

 

まとめ

このように、今回は司会、出演者に新しい試みがされているように見えます。

様々な世代の音楽に触れることで、新しい発見があるかもしれません。

有村さんと相葉さんがどのように進行していくのかも見ものです^^

そしてウラトークチャンネルでの次なるハプニングは…

ぜひ今年も紅白歌合戦を愉しんで、良い1年の締めくくりにしましょう♪

 

 

コメントを書く







コメント内容


商品一覧