スポンサーリンク

 

ダウンロード (3)

 

郵便局が展開するサービスで、以前より高い認知度を誇るレターパック。

誰もがその名を一度は耳にしたことがあるかもしれません。

ですが、どういったサービスかきちんと理解されている方は意外に少ないかもしれません…

 

「レターパックとゆうパックの違いって何?」

 

「レターパックって何でも送れるの?」

 

などなど、実は色々な疑問、お持ちだったりしませんか?

今日はそんなレターパックのサービスについて解説していきたいと思います。

 

レターパックとは?ゆうパックと何が違うの?

レターパックってどんなサービスでしょう?

端的に申し上げると、サイズ・重さ・厚さが指定範囲内であれば、全国どこでも一律360円か510円で送れるサービスです。

ゆうパックはサイズ・配送先で料金が異なりますが、レターパックはサイズ・重さ、厚さに制約があるものの、全国に同じ料金で送れます。

まずこの点が両者の違いですね。

また、重さの条件も大きく違います。ゆうパックは重さ一律30kgまでですが、レターパックは4kgまで。

このように、これら2つのサービスは名前こそ似ていますが、大きく異なるサービスです。

 

ただ、追跡が可能であることなど、同じ点もあります。

 

レターパックライト と レターパックプラス

レターパックは一律360円か510円で全国に送れるサービスと上述しましたが、

 

まず、360円で送るサービスをレターライトパックといいまして、以下が条件となります。

・サイズがA4サイズ内(340mm×248mm)である。

・重さが4kg以内。

・厚さが3cm以内。

 

一方で、510円で送る方はレターパックプラスといいます。



スポンサーリンク

・サイズがA4サイズ内(340mm×248mm)である。

・重さが4kg以内。

・上記の条件を満たしていれば、厚さ3cmを超えても可。

 

つまり、厚さを3cm以内に抑えられるかでどちらかを選ぶという形になります。

 

そしてもう一つ大きな違いがあります。それは…

 

レターパックプラスは対面でお届けし、受領印もしくは署名をもらいます。

レターパックライトは郵便受けに届けます。

 

最後に同じである点をお伝えします。

 

・追跡が可能。

・ポストに投函で送ることができる。

 

レターパックは事前にレターパックプラスかライトの封筒を購入します。なので、それを持ち帰って後日ポストへ投函でも配送が可能です。

また、封筒にはお問い合わせ番号も記載されており、追跡が可能です。

 

レターパックの注意点

追跡可能で、全国どこでも一律で送れるという、大きな魅力を持つレターパック。

しかし注意しなければならない点もあります。

①現金を送ってはダメ!!!

手紙や信書に適していますが、紙幣等の現金は送ることができません。

これをやってしまうと郵便法違反で捕まってしまいます。

現金を送る際には必ず、現金書留を利用しましょう。

 

②損害賠償がない

定形・定形外郵便などと同様に、レターパックは損害賠償がありません。

なので、受け取り主との事前のやり取りの中でその旨を伝え、事故の際に責任はどちらが負うのか、明確にしておく必要があります。

 

まとめ

以上、レターパックについてまとめました。

いかがでしたでしょうか。ゆうパックとの区別はつきましたか?サービスの仕組みをご理解いただけましたでしょうか?

手紙や信書、CD・DVDなどを送る際に近年はよく使われています。これを機にぜひお試しされてはいかがでしょうか?

(現金だけは絶対に送ってはダメですよ!!)

コメントを書く







コメント内容


商品一覧