スポンサーリンク

9506c43c0b18a1c849e78754a741df95_s

 

クレジットカードブランド、皆さん何を決め手に選んでいますか?

ポイント還元率、年会費、付帯保険、優待割引…様々な要素がありますよね。

その中でメリット・デメリットを把握して選んでいる方も、なんとな~く選んでる方もいらっしゃるかと思います。

今日はその判断基準を、JCBのケースから検証していきたいと思います。

 

そもそもJCBって? 

 

日本を代表する国際的ブランド、JCB

まずJCBとは、Japan Credit Bureauという日本におけるクレジットカード業界最大手の会社です。

その会員数はというと、なんと世界で8000万人!まさに日本を代表する国際的なクレジットカード会社であるといえます。

それを裏付けるかのように、『7大国際ブランド』と称される世界のクレジットカード会社の中に唯一含めれている日本企業です。

 

他社との違いは?

 

プロパーカードを発行している

プロパーカードとは、提携のないカードということ。

通常クレジットカードとは、とある会社がクレジットカード会社と提携してサービスを提供するという形がほとんどです。

そんななか、このJCB、アメリカンエキスプレス、ダイナースクラブの3社のみが日本でプロパーカードを発行しています。

これは国際ブランドでとしてのステータスが高いからこそ成しえる技です。

とはいえ、ステータスはこれら2社には劣ります。

日本企業のため日本人にとって使い勝手がよく、国際的ステータスも持ち合わせるカードとして、

プロパーカードと提携カードの中間的存在として見られている点が、原因ともいわれています。



スポンサーリンク

*ちなみにプロパーカードはカード会社が発行するものなので、付帯されるサービスは保険や公共料金の支払い、ETCカード等の追加発行など、総合的に充実したサービスが受けられます。一方で、提携がないため、様々な企業の割引特典などは受けられません。

 

プロパーカードと提携カード、どちらが良い?

ステータスを求めるならばプロパーカード。

違いは、

①ステータスの高さ

そして、上述のとおり、

②保険など付帯サービスの充実

➂年会費がかかる(1000円弱、グレードが上がるにつれ高額になる)

よって、ご自身が優先したい事項に沿って選ぶと良いでしょう。

ステータスを求めるならばプロパーカードということになります。

 

提携カードのほうがお得な点も…

例えばポイント還元率を重視する場合は、JCBのプロパーカードの場合、還元率は0.5%(スターバックスコーヒーなど特定の条件では2.5%)。

一方で、リクルートとの提携カードであるリクルートカードの場合、還元率は1.2%。(リクルート運営サービス利用で2.2%)。

年間で30万円使うとした場合、単純計算で前者では150ポイントなのに対し、後者では3600ポイント。

大幅に差が付きます。

このように、重視する点を明確にしないと、少なからぬ損をしてしまうこともあります。

 

まとめ

以上のように、まずJCBを利用するうえでの大きな特徴は、ステータスの高いプロパーカードを持てること。

ポイント還元や、保険などのサービスに加え、ステータスという、クレジットカード選びにおける新たな選択肢をJCBは与えてくれます。

それを踏まえて、ご自身が何を優先してクレジットカードを使うか、明確にするのが良いでしょう。

 

 

 

コメントを書く







コメント内容


商品一覧