スポンサーリンク

 

df6e22c9e5629bdcb3a3c43e395c86e7_s

派遣のアルバイトと言えば、どこがいいんでしょう?

どう違うんでしょう?

数ある人材派遣会社の中から、今回はフルキャストをチョイスしてみました。

フルキャストの特徴と、その使い勝手に迫りたいと思います。

 

キャストポータルで全て完結!

フルキャストではキャストポータルというポータルページが登録者一人一人に与えられます。

このキャストポータルで、すでに掲載されているお仕事に申し込み(抽選の場合あり)、詳細を確認し、出勤するという流れになっています。

以前ではなかなかつながらない電話をかけて、仕事の有無を聞き、ある場合条件を聞いて…と面倒で通話料もかかるものでしたが、現在はすべてネットで完結できるようになっています。

時代が進んでいるとはいえ、未だ人材派遣会社はすべて電話でやりとりするところも少なくありません。

ネットですべて完結できる。フルキャストのような大手ならではの魅力ですよね。

 

 

即給システムとは?

フルキャストの特徴の1つに即給システムなるものがあります。

これは前払いや、勤務の翌日にお給料を指定の口座に振り込んでもらえるシステムです。

本来、人材派遣会社でお給料をもらう際、給料日が決められていて自分でもらいに行くというパターンが多いです。

しかし、「会社が定める給料日に予定があったりとなかなか受け取れない」「すぐにお金が必要!!」

こういった時に、この即給システムはとても便利ですね。

 

即給システムの落とし穴

しかし、一見魅力的に見えるこのシステムも、いくつか落とし穴があります。



スポンサーリンク

手数料がかかる

振り込み手数料サービス利用料がかかり、だいたい毎回500円ほど引かれてしまいます…

あくせく働いた30分の給料が引かれてしまうのは悔しいですよね。

 

事前に登録・申請をしておかないと利用ができない

このシステム、毎度すぐに利用ができるわけではありません。

まず即給システムに登録をし、その後は勤務毎に企業コード(出勤先の企業の番号)を入力して申請をしなければなりません。

勤務後に「今回即給でお願いします」というのがまかり通らないので注意が必要です。

 

雇用形態次第では利用できない

人材派遣会社の雇用形態には紹介と派遣というものがありますが、紹介であった場合、出勤先の企業の担当者が処理をしていなければ即給は利用することができません。

 

お給料は良い?

さて、気になるフルキャストのお給料ですが、高くはありません。

同じお仕事でも、他の会社に比べると、時給換算で50~100円近く安い事が多いです。ひどいときは200円ほど違うことも。

高時給の案件をお探しの方には不向きかもしれません。

 

まとめ

このように、フルキャストはポータルページで申し込みを完結出来たり、即給システムがあったりと、大手ならではのサービスが充実しています。一方でお給料は安めなことが多いという難点もあります。

使いやすさと高時給のどちらを重視するか比較し、ご自身に合った働き方を実現していただけたらと思います。

 

フルキャスト

https://fullcast.jp/

コメントを書く







コメント内容


商品一覧