スポンサーリンク

KC350129

 あなたはNHKを視聴していて、なぜNHKだけが有料なのか?と疑問に思った事がある人はいるかと思います。今回はその受信料についてなぜ支払わなければならないのかという疑問にお答えしていこうかと思います。

 

NHK 受信料ってなぜ必要なの?

 

 冒頭でも述べましたが、他の地上波では無料で普通に見れてしまうのになぜNHKだけ?という疑問があるかと思います。NHKでは、平等で公平な立場で受信料を財源にしており、より視聴者様からのご希望に添えられるような形で番組提供をしているみたいです。

 

これらにより、NHK側の財政源が確保され“いつでも、どこでも、誰にでも、確かな情報や豊かな文化を分け隔てなく伝える”を実現できるようになっているみたいです。私たちが支払う受信料は番組内の放送を通して有益なものになっているということですね!

 

NHK受信料は必ず払わなければいけない?

 

 NHKの受信料は必ず払わなければならないのかという問題について説明する前に一体どれくらいの金額がかかるのかを見ていきましょう!まず、支払い方法には2つあり、振り込み式と口座引き落とし型の2つのタイプがあり、前者は1ヶ月1320円かかるのに対し、後者は1260円となり、これが1年の一括払いになると前者は14545円、後者は13990円と両者ともに安くなります。

 

これらを考えると、振り込み式より口座引き落とし式の方がお安くなるというのがわかります。



スポンサーリンク

 

そこで、NHK受信料は必ず支払わなければならないのかという問いに関しては必ずしもテレビを持っているからといって支払わなければならないという義務はありません。これは放送法第64条の方に記載がありました。

 

NHKネットクラブのプレミアなら会員なら便利

 

 NHKでは、受信料を無料にできる方法があります、月々約1000円弱で年間で1万5000円払わずにみることができますので1人暮らしのひとにっとっては大きいかと思います。また、以下の特典はインターネット回線を通しているお客様限定のサービスとなっています。

 

プレミアム会員のメリット

  • 受信料を支払うご家族の方は無料で視聴できる!
  • 会員様限定のサービスや優遇サービス等も豊富
  • ただの会員様でもグレードアップが可能!

 プレミアム会員になると上記のメリットがあり、中でもご登録したお客様の家族も含めて受信料がかからなくなるといったサービスは大きいかと思われます。そして、ただのプレミアムではない会員様でもグレードアップすることが可能になっています。

 

 以上でNHKについて有料の受信料をはじめとした紹介の方をさせていただきました、おそらくほとんどの方が普段、インターネット回線に接続しているかとおもいますのでサービスを受ける事ができるかと思います!あなたも、少しでもお得にNHKを視聴してみてはいかがでしょうか?

 

 

ws641

 

 

NHK

http://www.nhk.or.jp/

コメントを書く







コメント内容


商品一覧