スポンサーリンク

 

 s-shutterstock_49329013

 

 今では、副業が比較的受け入れられる時代になってきているかと思います。自宅でインターネット回線さえ敷ければ、副業や趣味といったものまで充実できるかと思います。しかし、インターネット回線等の設備投資による資金は大きくかかってしまうなんてこともあります。そこで、これらのコストを抑えることができるレンタルサーバーと呼ばれるものを紹介していきたいと思います。

 

レンタルサーバーとは

 

 プロバイダーと呼ばれる、主にインターネットサービスにおけるWEBサーバーの領域やシステムを貸し出すサービスのことを指します。インターネットさえ接続できれば誰にでもできてしまうのになぜ、こんなものを貸し出す必要があるのか?と疑問に思う方もいるでしょう。実は、中小企業や自宅でインターネット回線を使用してビシネスをされるSOHOの方にとってみると自前でWEBサーバーを用意するとなると大幅なコストがかかってしまうことになり、レンタルすることでWEBサーバ設置・利用するに当たるコストを抑えられるというメリットからこのようなレンタルサーバーというものが普及されたと言われています。そして、現在では普及範囲が拡大されてきているように見受けられます。

 

レンタルサーバーおすすめ3選

 

 レンタルサーバーはあらゆる会社が提供してくれる。しかし、レンタルサーバー業界は、結構使い勝手などに大きく格差があり、非常にいい物からそうではない物まで多岐に渡るため、今回は私が選び抜いた有力なレンタルサーバーを提供する会社3つを紹介したいと思います。

 

  • ロリポップ

 まずはこちらのレンタルサーバー会社。格安レンタルサーバーといえばロリポップと言われるくらい、お値段でみると格安会社となっています。また、安いのみならず、初心者向け会社とも言え、スタンダートコースで申し込みするとわずか月額500円という驚愕なお値段からレンタルサーバーのみならず、しっかりとしたサポートの元でWEBサーバーをつかっていくことができます!これでホームページ作成等でも安心です。サーバーのみならずビジネスもサポートしてくれるロリポップ一押しです。



スポンサーリンク

 

 

  • さくらサーバー

 多くのニーズから支持のあるこちらのさくらサーバーもお安くレンタルすることが可能になっており、実力派とも言えます。また、こちらのホームページでは初心者にはうってつけの情報が満載になっており、私はレンタルサーバーの知識を培ったのはこちらのさくらサーバーのホームページでした。

 

 

  • Web ARENA

 こちらは法人向けのレンタルサーバーとなっています。NTTPCということもあり、信頼性や安心性において抜群の会社といえまさに法人向けと言えるかと思います。また、プランの方も法人向けには比較的リーズナブルなお値段になっているかと思います。

 

 

レンタルサーバー利用時の注意点

 

 レンタルサーバーの注意点としては、比較的どの会社も機能的にもお値段的にも悪くはないという印象ですが、先程も述べた通り業界内においてサービスのムラがあるということ。つまり、契約時にしっかり緻密な検討が必要になることは覚えておきましょう。この段階での思考が今後のビシネスに大きく影響を及ぼすといっても過言ではありません。

 

 

 ここでは詳しく説明しませんでしたが、レンタルサーバーを借りる以上はデスク容量も考慮しなければならないかと思います。個人なら個人向け、法人なら法人向けのプランさえ,選んでおけば大丈夫かと思いますが、安いのみならずしっかり自分のビジネス相当のレンタルサーバーを利用していきましょう。

 

 

ロリポップ

https://lolipop.jp/

さくらサーバー

https://www.sakura.ad.jp/

Web ARENA

http://web.arena.ne.jp/

 

コメントを書く







コメント内容


商品一覧