スポンサーリンク

 

gahag-004665

 これから生命保険へのご加入を考えている人。以前より考えられていた方にとって今回は生命保険へのご加入にあたり、どのような生命保険に入ればいいのかについて紹介していきたいと思います。

 

生命保険は貯蔵型がいい?

 

 ここでは生命保険におけるお金を貯める時に知っておく必要のある貯蔵型についての紹介をしていきたいと思います。実はこの生命保険の貯蔵型。多種多様な種類があって選ぶのに一苦労です。そもそも貯蔵型のメリットはどのようなものなのでしょうか?まず、貯蔵型の保険にご加入時の考えとしましては有利になるものを選ぶ事が重要で、保険料の支払い方法によって得する返戻率を上げる方法がいくつかあります。

 

  • 保険料を年払いにすることで返戻率を上げる

 これは何に関しても言えることなのかもしれませんが、月々に支払う月払いよりも年払いの方が、割引になります。これは満期における保険金の受取額は変わりませんが、支払保険料の総額がすくなることによって起ります。

 

  • 保険料の前納で返戻率を上げる

 ご加入時の契約の際に、保険料振込満了期間までの支払わなければならない保険料を一括で支払いことで前納割引率というものが適用され、保険料が安くなることで支払う保険料の総額が少なくなるのでこちらの方法でも返戻率を上げることができます。



スポンサーリンク

 

生命保険を選ぶ際の注意点

 

 そこで生命保険へ選ぶ際の注意点としまして、まずは目的で選ぶ事が重要になってくるかと思います。しかし、目的と言われてもこれから保険へご加入する方からすれば選ぶ基準もなくわからないもの。ここではそんなご不明な方々に対してちょっとしたアドバイスをしていきたいと思います。

 そもそも何のために保険に入るのかについて考えるとそれは救助金をもらうことにあります。そして、お金だとわかったら次はいくらかを考えていきます。亡くなられた時、家庭にとっていくら必要になるのかを考えます。このようにしてたくさんある生命保険を自分の相性のいいものとして選び抜いていけるかと思いますので参考になさってみてはいかがでしょうか?

 

生命保険料控除とは?

 

 生命保険料控除とは、所得控除の1つとされており、お支払いした生命保険料の金額に応じて、一定の金額がその年の所得から差し引かれる制度になります。この対象になる保険は一般生命保険料控除・介護医療保険料控除そして個人ん年金保険料金も控除の対象となりますので、生命保険に対してお金を支払ってどこか面倒くさいといったマイナスなイメージをお持ちの方でも控除の対象となりますのでこの辺も考慮した上で保険選びをするといいでしょう。

 

 最後に生命保険へのご加入時、何も目的等のない漠然とした状態で保険のプロお見積もりをするのだけは辞めておきましょう。相手もその専門のプロとはいえ、漠然とした考えを伝えられてもどのように答えればいいかわからないもの。事前に生活状況や保険に入る目的を確実なものにしてからお見積もり等をするようにしましょう。

 

 

コメントを書く







コメント内容


商品一覧