スポンサーリンク

 

gahag-011540

 自動車保険の補償内容やサービスは、会社によって大きく異なり、また内容事態も難しく適切な自動車保険選びができていない方も多いのではないかと思います。ここではその自動車保険選びへの第一歩を踏み出しやすくするための紹介をしていきたいと思います。

 

自動車保険に入っている?万が一のために

 

 まず、車両保険に入るか入らないかどちらかがいいかと問われれば、絶対に入っておいた方が得です。入る必要のない方というのはそもそも車を持っていない方だけというのが私の考えです。保険に入っていなくても、数十万円で修理代等支払えばいいという考えの方もいらっしゃるとは思いますが、万が一人との衝突事故が発生してしまった際には全て自腹というわけにはいかないと思います。

 

自動車保険選びのポイント

 

 テレビのコマーシャルで様々な自動車保険のサービス案内が頻繁に流れているとは思いますが、実際選ぶとなった際にどれが具体的にいいのかどうか、わからないものでもあります。ここでは自動車保険選びのポイントを紹介していきたいと思います。

 

ダイレクト型か対面型か?

 ダイレクト型のメリットはインターネット環境にあります。インターネットの場合、多くの情報がお客様に見やすい形として保険の紹介や提示がなされている上で保険に入ってから利用する際にも便利かと思います。そして対面型ですが。ほとんどの人が車を買った時、対面形式による購入法だったかと思います。やはり、保険の加入も対面でより丁寧で安心できるサービスを受けたい方は対面型になるかと思います。

 

リスク細分型・補償拡大型



スポンサーリンク

 ありとあらゆる無駄を省くことができるリスク細分型。必要のない自動車保険のオプション選びにこのような保険の形式を選ぶとお財布に優しい必要最低限な保険選びができるでしょう。そして、本当に万が一のことを考えた人身障害補償特約が手厚い補償型保険も選ぶ上での魅力の1つです。

 

 あなたは上記のどの保険形式に当てはまったでしょうか?自分の相性のいい保険選びが大切になることを心得るようにしましょう。

 

おすすめの自動車保険とキャンペーン情報

 

 私がおすすめする自動車保険会社はソニー損保です。ソニー損保では「保険料は走る分だけ」と先程述べた選ぶコツにおける2つの間を上手くとっているとも言え、また他の保険会社からの変更の際のお見積もりやお申し込みが無料となっており初めてソニー損保を利用するお客様や再びご利用されるお客様に対しても優しいサービスを展開していると言えます。そんなソニー損保では、節税対策になるキャンペーンがいくつか実施されており、例えば、お見積もりに関するキャンペーン期間中にお見積もりを受けると実際の保険料が5000円程お得にできるといったキャンペーンが開催されていることも見逃せないポイントです。

 

 以上で自動車保険について紹介させていただきました。また、自動車保険にはいておくことで道路での事故に見舞われてしまった際にもロードサービスによる安心した手厚い、救済サービスも受けることができますのであなたもこれらの万が一に備えた自動車保険選びをしてみてはいかがでしょうか?

 

ソニー損保

http://www.sonysonpo.co.jp/

コメントを書く







コメント内容


商品一覧