スポンサーリンク

 

240_F_59307411_tFHwwkUvrZao877HN28cDOa3MTRfZVvJ

 1年で何万組にものぼる離婚者数。離婚は離婚届紙1つで解決するといった簡単なものではなく、メンタル的にも金銭的にも深刻な状態の元で手続き等が進んでいく深刻な問題です。今回は離婚問題でお悩みの方にとっての紹介をしていきたいと思います。

 

相手が離婚に応じてくれない時は?

 

 片方が正式な離婚を望むも相手側が承諾してくれないケースもあるかと思います。そんな時どのようにすればいいのでしょうか?

 

  • 離婚調停に乗り出す

 離婚という深刻な問題になるとなかなか夫婦間での会話だけでは解決できなかったりすることもあるかと思います。そこでお近くの家庭裁判所で離婚調停の申し立てをすることで2人だげでは解決できない離婚による、養育費や慰謝料、親権のことに関しても上手に仲介してくれるものがあります。

 

  • 裁判による離婚

 それでも互いに合意ができなかった場合の法的な最終手段となりますが、裁判で離婚する方法もあります。つまり、裁判官に判断を完全にゆだねるということ。

 

 離婚によくありがちなケースとして、突発的な気持ちですぐさま離婚を望むケースが多いそうでそのような方もいったん客観的な目で家庭裁判所に仲介してもらうのもいいかもしれません。



スポンサーリンク

 

離婚慰謝料金について

 

 基本的に離婚する原因の中で、夫婦の一方に原因が偏った場合に発生する慰謝料というものがあります。これは協議離婚で夫婦間の協議によって金額と支払い方法が決定します。この離婚慰謝料金が発生する原因の多くは配偶者による不貞行為のケースが多いそうです。また、離婚慰謝料金もケースによって支払ってもらえるお値段の幅が非常に大きく、具体的には浮気や不倫の不貞行動に関しては100万から500万円で身体的・精神的な暴力だと50万円から500万円その他の悪意の放棄と呼ばれる生活費の負担をしなかった等のケースで50万円から300万円と言われています。

 

養育費について

 

 お子様のいる夫婦間だと養育費における問題が発生します。この養育費は、お子様が社会で自立するまでの期間を目安とした金額となり、どちらが支払うかやどのような金額になるのかはいくつかの基準があります。そして、親権者となった方は離婚後、しっかり子供を育てていかなければなりませんし、相手からもしっかり養育費を支払ってもらう必要がでてきます。離婚後も子育てに関しては切っても切れない間柄になるということです。

 

 離婚問題はあなたが思っている以上に深刻な問題だということがわかっていただけたかと思います。仮にお互いに離婚の成立があったとしてもお金のことや子供のこともかんがえていかなければなりなくなりますし、最悪の場合、裁判官が介入してしまうほどです。離婚のことをお考えのあなたは一度、離婚というものを深く考えてみる必要があるでしょう。

コメントを書く







コメント内容


商品一覧