スポンサーリンク

 

240_F_97267683_bOml5aG7Jhb8BOD4CJI635YFJLsL6OYX

 急な出費。生活がマイナスで火の車状態。お財布への限界を感じた時の救いとなるカードローン。今回は、そんなカードローンを賢く利用することで窮地の状態を最小限に抑えるための方法を紹介していきたいと思います。

 

カードローン選びのポイント

 

 そこで肝心になるのがカードローン選びになります。お金を借りることはできてもその後の返済にあたり、賢く利息等の管理をしていかないことには窮地の状態にさらに拍車をかけてしまうことになります。つまり、借りてからのことを考えた上でキャッシングしてくれる会社選びが重要であるということになります。最近では、あらゆるカード会社が競争してくれているおかげでご利用するお客様にとって理想のカードローンを受けることが可能になってきています。今回は、利息の低いその後の返済を考えたことを肝にした上でのおすすめカードローン会社3社をご紹介していきます。

 

おすすめカードローン3社

 

  •  モビット

 利息の低いカードローン会社であるモビットは、比較的審査も早く銀行口座である三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行へ口座をお持ちの方で社会保険証1枚もっていればWEB審査のみでご契約が完結してしまうため、条件を満たしている方からすると急用でも間に合うカードローンを受ける事が可能になっており、また入会費・年会費も無料になっているので万が一に備えた準備もモビットではできるようになっています。

 

  •  プロミス

 こちらも銀行系カードに付随しているキャッシングよりも低い利率での借し入れ可能になっており、借りる時も返す時もお客様最寄りのコンビニや銀行でもご利用できるようになっているため、借りた後でも使いやすい利便性を兼ね備えたカードローン会社になっています。また、同じプロミスの系列として、プロミスレディースと呼ばれるカードローン会社もあり、仮にご自身の収入が低くても、安定的な収入さえあれば比較的水準の低い審査の元でローンのご契約が可能になっていますので主婦や学生・派遣社員の方はこちらも参考にするといいでしょう。



スポンサーリンク

 

  •  アイフル

 3つ目ご紹介のこちらの会社も利息の低い無理のない返済計画を企てることが可能になっており、よくありがちなのは審査後の契約でご自宅に郵便物として発送されてしまうという懸念。しかし、この心配はする必要ありません。アイフルの場合、配送時間を選べるようになっておりこのように家族や知人に知られてしまうというリスクを回避することが可能になっており、心理的にも審査へ乗り出しやすくなっております。

 

カードローン利用時の注意点

 

 審査を受けご契約されカードローンを利用できるようになった状態が終わりではありません。最後に、ご契約後のリスクや注意点について1点だけご紹介しておきます。

 

キャッシングでなくカードローンだということ。

 カードローンは銀行系のカードとは全くの別物と考える視点をもつことが大事です。カードローンをキャッシングと同じ使い方で出金を繰り返し行っていると、あっという間に限度額に達してしまい本来使うべきところにお金をつかえなくなってしまうことになりかねてしまいます。また、限度額に達してしまうと今後の融資のみならず審査等も不利になっていきますのでキャッシングと区別する考えがご利用する上で重要になってきます。

 

 最近では、インターネット社会の発展によってカードローンもインターネット上でご契約が完結し、すぐにご利用することができるようになってきています。しかし、すぐご利用できるからこそ今後のことを考えた上でお金は借りなければならないということを深く知っておく必要があるということは理解しておきましょう。

 

モビット

http://www.mobit.ne.jp/

申込に関するお問い合わせ

0120-03-5000

 

プロミス

http://cyber.promise.co.jp/

ご相談・ご質問窓口

0120-24-0365

 

アイフル

http://www.aiful.co.jp/

初めてのお申し込みのお問い合わせ

0120-201810

 

コメントを書く







コメント内容


商品一覧