スポンサーリンク

240_F_114409037_DabQdkS6N4Xw5l6o0rWZToqnn8qgDXeH

 

 風邪などで病院へ行った際、お薬の処方箋を渡してくれる薬剤師。実は、そんな薬剤師の方が活躍する幅は広く、病院・調剤薬局、ドラックスットアのみならず製薬企業における医薬品の研究や開発、学校での衛生管理もする人もいます。そんな幅広く活躍できる薬剤師への転職の方法についてご紹介していきたいと思います。

 

薬剤師の転職事情

 

 そもそも、薬剤師になるためには薬剤師国家試験に合格し、薬剤師の免許を修得しなければなりません。さらに薬学部に6年在籍していたことも条件になります。なぜ、そこまでし薬剤師への転職を考える人がいらっしゃるのでしょうか?

 

  • 育児にも力を注ぐことが十分に可能!

 薬剤師て女性が多いイメージありますよね。女性が圧倒的に多いのには理由があり、比較収入も高く自分のペースで働く事が可能な薬剤師だと、結婚することによる退社、そして、産休からの復帰もしやすく、育児との両立もしやすいと言われています。つまり、家庭を抱える女性の理想郷が薬剤師と言えます。

 

  • 常に人手不足でもある薬剤師

 薬剤師は薬を専門に扱っており、専門学校にも6年行かなければなりません。その専門性の強さと活躍の場が広いからか常に人手不足に陥っているという薬剤師ならではの特徴があります。これを利用する志願者が中にはいるということが言えるかと思います。

 

薬剤師の転職サイトおすすめは?

 

 そんな専門性の薬剤師への転職は、インターネット上で単純に調べれば募集項目が出てくるということはありません。やはり、専門分野はその専門の検索サイトで調べる必要があります。



スポンサーリンク

 

  • ファルマスタッフで検索!

 私のおすすめする薬剤師検索サイトはファルマスタッフです。実は薬剤師には新卒文化というものは根強く、中途採用の難易度が高い傾向にあります。そして、圧倒的な薬剤師への転職志願者の数、欠員補充採用という形式。これらが一層、転職への過酷さに拍車をかけます。しかし、ファルマスタッフと呼ばれる検索サイトでは、親元が日本調剤だからか薬局内部をよく精通する専門スタッフからの転職アドバイスや紹介を受ける事ができるようになっており、何より薬剤師の派遣が圧倒的に多く、派遣薬剤師の求人取り扱い数は業界屈指です。派遣とはいえ、薬剤師は薬剤師。数を多く網羅する場所での転職活動が成功率を大きく上げれることは誰でも理解できることだと思います。

 

薬剤師の平均年収、転職の条件は?

 

 そんな薬剤師へ志願する人が気になる年収ですが、平成27年の人事院統計表によると平均年収はおよそ590万円と一般的な平均年収の水準よりも高くなっています。そして、厚生労働省のデータだと都内における平均年収はなんと826万円と人によっては1千万円を超える年収をもらえていることになります。女性にとって嬉しい労働条件のみならず収入面でも恩恵を受けたい方がいることはうなずけるかと思います。

 

 しかし、そんないいお仕事でも薬剤師の職場は範囲が狭く、深い人間関係が切っても切れない条件下にあります。つまり、人間関係で苦しむ人が離職しやすい職業でもあるのです。裏を返すとそんな狭い職場環境でもやってけるような人間が採用されやすいということも頭に入れておく必要があります。

 

 常に人手を必要と募集されていることの多い薬剤師。お給料もよく女性にとっては育児もできるためライフスタイルにおいて圧倒的なアドバンテージになる薬剤師。そんな薬剤師を目指す人のためのコンテンツを紹介させていただきました。

 

 

 

ws646

 

 

 

ファルマスタッフ

https://www.38-8931.com/

 

お問い合わせ

0120-33-8931

コメントを書く







コメント内容


商品一覧