スポンサーリンク

 

240_F_97834341_8Yz7eZhq8KBsklWyri7PXjRWFzjl7hr6

 宗教の文化的に日本は仏教と呼ばれる範疇にあり、これは主に東南アジア・東アジアに見られるものでお葬式も仏教ならではの日本のお葬式とキリストのお葬式であるヨーロッパとの違いは分かるかと思いますが、日本の中でもお葬式の形式や文化の違いなどがあることを知っている方は意外と少ないかと思います。そんな方にとって読んでためになる東京におけるお葬式について紹介していきたいと思います。

 

東京のお葬式事情

 

 ここではお葬式における東京との比較について紹介させていただきます。

 

  • お通夜後の食事

 実は、東京と大阪ではここに違いがあります。東京だと、遠くから来て下さった親族以外の一般の方に食事を振る舞ったりするのですが関西圏の場合は親族のみでお通夜後の食事を行います。よって、関西圏からくる方に対して丁寧に説明する必要がありますね。

 

  • 900以上もの葬儀社

 人口の多い東京ではなんと23区内だけで葬儀社が900以上あり、選ぶのにひと苦労とも言えます。執り仕切る側は参列される人数の把握なども含めこれらの膨大な数の中から選ばなければならない、まさに東京のお葬式事情とも言えるかと思います。

 

東京で葬儀をする場合の相場は?

 

 数あるお葬式という場を提供する葬儀屋さんがあるわけですが、1番考えるべきことはやはり、お値段かと思います。東京における葬式にかかる費用は平均で約190万円です。そして、この総額の内訳が葬儀屋への支払額と立替金、お坊さんへの支払額、葬儀後に必要な金額となります。これは、日本全国共通ともいえますが、お葬式やさんへ支払う金額1つだけでこれらをまかなってほしいところであります・・・



スポンサーリンク

 

東京都23区で葬儀を行う前に知っておきたいこと

 

 身内がお亡くなりになり、遠くからわざわざお越し頂ける方のためにもお葬式の執り方に失敗は許されません。ここではあなたが恥をかかない東京23区における、葬儀を行う前に必ず知っておきたいことをご紹介しておきます。

 

  • 参列される方、全員が東京出身というわけではないということ。

 東京でのお葬式に参列される方の特徴は、地方出身者が多いことにあります。つまり、お葬式には先程、関西との違いで説明した通り地域性が強いため、地方出身の方にも様式を説明できるように東京ならではのお葬式の様式を事前に熟知しておく必要があるということです。つまり、お気遣い大事ということですね。

 

  • お亡くなりになられてからお通夜までの期間が長引くことも・・・

 東京都は人口が多い故に式場が不足し、お亡くなりになられてから1週間、期間空いてしまう事もあります。よって、遠くへお住まいの地方から参列してくださる親戚や一般の方にお葬式の日程等を的確に伝えておく必要があります。

 

 以上で東京都23区内におけるお葬式のしきたりや地域性の違いについて紹介させていただきました。また、お葬式というのはご紹介した形のみならず、身内以外の方にも言えることですが死者に対する悲しみにおける心構えが必要になります、このような人生に数少ない日本のしきたりという場を大事にしていきましょう。

 

コメントを書く







コメント内容


商品一覧