スポンサーリンク

 

レイク

 

 融資を受けたいが、どこにすればいいかわからない。また、違いがわからない。そんな方でレイクを視野に検討されている方に読んでほしい、レイクご利用におけるメリットや注意点の紹介をしていきたいと思います。

 

レイクのメリット、デメリット

 

 レイクを利用するメリットは、即日融資可能で便利なネットバンキングによる返済もレイクに対応している金融機関が三井住友銀行、楽天銀行、りそな、郵貯と比較的多く、特に三井住友と郵貯に関しては利用している人が多いので誰でも便利な返済方法として利用していくことができるのがレイクを選ぶメリットになります。

 

 しかし、その反面デメリットもあり利用者が限定されくるのがレイクのデメリットです。例えば専業主婦のように主婦自身の稼ぎがない場合にはレイクを利用することができませんので注意が必要と言えます。

 

 そして、消費者金融においては気にはならないものの銀行系カードを比較すると金利が高く設定されており、返済を伸ばせば伸ばす程、支払うお金も多くなっていますので早く借りたら早く返すことがポイントとなりそうです!

 

レイクの選べる2つの無利息

 

 レイクでは、初めてのご契約なら融資の返済にかかる利息は30日間の中なら無利息となっています。さらに、他と違うレイクの無利息サービスはもう1つあり、5万円以内の貸し入れなら180日間無利息になるという無利息サービス。条件は、契約額が1万円〜200万円までの方で初めてのご利用者となっており、ほとんどの方がこのサービスが適用されることになります。



スポンサーリンク

 

 5万円いかない程度にこれぐらいのお値段での貸し入れを強く希望、そしてメリットがある方はレイクでのご契約がおすすめと言えるかと思います!

 

レイク利用時の注意点

 

 そんなレイクを選ばれる注意点として、デメリットのとこでも述べさせてもらいましたが、レイクでは審査の際に就業確認のための職場へのお電話を入れるようになっています。つまり、職場への連絡がいってほしくないという方は、レイクでのご契約は難しいと言えるでしょう。そして、お電話入れる際にお電話確認してもいいでしょうか?という質問に対してNOと答えてしまうとその時点で審査が通らなくなる可能性が大いに高くなってしまう点にも注意が必要と言えます!

 

 まとめるとレイクでは即日可能な便利な融資を受け取ることができ、かつ返済も便利な方法として選ぶ上で対応している金融機関も多いこと。そして。無利息サービスの恩恵を受けられる人も!デメリットは職場への連絡をされてしまう点と稼ぎのない方は審査に通らないというのがまとめとなります。是非、参考になさってみてはいかがでしょうか?

 

 

ws642

 

 

レイク

http://lake.jp

 

初めての方のご相談窓口

0120-09-09-24

コメントを書く







コメント内容


商品一覧