スポンサーリンク

 

自動車税

 

 車種・利用目的・排気量によって変動する自動車における税金。今回は、これから初めて自動車を乗られる方にとって大切な国民の義務として対象となっている自動車税について紹介していきたいと思います。

 

自動車税ていつ払うの?

 

 まず知っておいてもらいたいのは、年間を通してどの時期にこの自動車税を支払わらなければいけないのかということかと思います。正確には、自動車税を支払う人は4月1日現在においてお車を所有している人、全ての人が対象となっています。そして、各都道府県の自治体より、対象者全員に毎年4月の下旬から5月の上旬にかけて自動車税納税通知表が送られてきますので、その通知表で支払う税額や期限などが記載されてあります。

 そして、気になる支払い期限は、ほとんどの都道府県が5月末までとなっており、例外的に青森県と秋田県にお住まい方のみ6月内までとなっています。つまり、支払い開始は通知表が届いた時点からとなりますので概ねの支払い期間は1ヶ月と言えるかと思います。

 そして、この期間を過ぎると延滞金が発生してしまい年利7,3%が課せられ、さらに1ヶ月後には14.6%にも膨れあがりますのでお車をご購入される際は税金もしっかり頭の中に入れておく必要がありますので気をつけるようにしましょう!



スポンサーリンク

 

住所変更したら自動車税はどうなるの?

 

 もし、あなたが引っ越しをされ家の住所が変わってしまった時、陸運局はそのことを知りませんので、前の住所宛に自動車税納税通知表が送られてしまいます。つまり、引っ越し以外の理由においても住所変更された際はその際に陸運局へ申告する必要があります。

 主に住所変更でかかる費用は登録手数料である350円とナンバープレートが変わる場合においては1,500円さらにお支払いするようになっており、必要書類は主に住民票と委任状、車検書となっていますのでしっかり手続きし、支払い日を伸ばさないように気をつけましょう!

 

自動車税はクレジットカードで払えるか?

 

 自動車税の支払い方法はいくつかあり、コンビニエンスストアでのお支払いもできるようになっているため、支払うことに関してはさほど手間にはならず、自治体のホームページよりクレジットカード払いによるお支払いもできるようになっています!

 そして、クレジットカード払いの注意点は車検時に必要になる納税証明書の発行がしてもらえないことです。これに対し、コンビニ払いだと領収書の替わりとなる納税証明書もその場で受け取ることができますので安心です。コンビニ以外ですと、主に対象の金融機関や都道府県税事務所でも可能ですので最寄りにある施設を利用するのが1番かと思います!

 

 以上でお車を所有するに当たり、大事な自動車税のお支払いについて紹介させていただきました。くれぐれも延滞金が発生しないように注意しておけば問題ないかと思いますので是非、参考にされてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

コメントを書く







コメント内容


商品一覧