スポンサーリンク

 

 ドロップボックス

 あなたはドロップボックスが様々なデータを1つにまとめられるメリット以外に便利な機能やサービスをご存知でしょうか?今回はそんな、ドロップボックを利用するメリットや注意点について紹介していきたいと思います!

 

ドロップ ボックスの容量と使い勝手は

 

 ドロップ ボックスは、あらゆるデータを1つにまとめられるのが何よりもメリット。そして、このドロップ ボックス内にあるデータをどのデバイスからでも利用できるのも便利でこれらのデータが随時、自動的にバックアップされるため機器の紛失時においてもデータが残るため他のデバイスから再び最新の状態で利用していけるのも安心感のあるところ!

 しかし、あらゆるデータを扱うためドロップ ボックスを利用していくには、容量という面では必ずしも考慮しなければなりません。

 そんな気になる容量における料金プランは2GBまでなら無料で利用していくことができ、有料である1,280円で1TBまで利用することが可能になっていますので有料プランを利用して初めて容量を気にせず利用していけるようになるかと思います。

 

ドロップ ボックスを共有するには

 

 例えば、友達みんなと動画や写真の共有がしたい場合にドロップ ボックスを用いる場合は、このドロップボックスにおけるリンクさえ知っていればドロップボックスをインストロールしなくてもファイル内のデータを誰でも閲覧することができるようになります!



スポンサーリンク

 そして、リンクだけで他の人も閲覧できてしまい情報拡散のリスクもるのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、このリンクにアクセス者を限定できるパスワード設定もできますのでセキュリティー面においても安心なのがドロップ ボックスのいいところです!つまり、ファイル内のデータを教えたい人にだけ拡散することができるということになります。

 

ドロップ ボックス利用時の注意点

 

 そんなセキュリティー豊富なドロップボックスですが、注意したいところは、ドロップボックスへファイルを保存することはインターネット上に情報をアップロードするという行為と同義語であるということ。

 つまり、これは個人として利用する上での注意点ですが、他者と共有しないからといって自分の大切な個人情報はドロップボックスに入れない方がいいということで、万が一この情報が漏洩してしまった時、取り返しのつかないことになるからです。これがドロップボックスの万が一における注意点だと思います。

 

 リンクさえ教えれば、誰でも簡単にそのファイルの中身が見れて共有するのに便利なドロップボックス。そして、個人で利用していく上でも自動的にデータが保存されるようになっているため、万が一機器をなくしても他のデバイスから前回同様にそのままのデータで作業することができるため安心ですし、セキュリティー対策にもなるドロップボックスを今回をきっかけに利用されてみてはいかがでしょうか?

 

ドロップ ボックス

https://www.dropbox.com

コメントを書く







コメント内容


商品一覧