スポンサーリンク

新しさの追求、乗ってみたくなる東武鉄道の魅力。

 

 かつては、物流から始まった電車は今では、通勤や通学といった日常生活のみにとどまらず、祝日におけるエンターテイメントへの運びとしても役に立っている電車。今回はそんな楽しみ満載の施設が沿線に立ち並ぶ東武鉄道における紹介をしていきたいと思います。

 

東武鉄道で遊びにいこう

 

 東武鉄道の管轄である沿線というのはいくつもあり、有名どころで言えば最近、東京スカイツリーライナーという名前の変わった東武伊勢崎線や東上線といった埼玉から東京都心までの区間における沿線がやはり利用する方も多いのではないでしょうか?また、これらの沿線のいいところは、経由できる駅数も多く東武鉄道をメインに様々な娯楽施設であるエンターテイメントへの足運びがしやすいのも大きな魅力だと思っています!

 

東武鉄道 展望台列車スカイツリートレイン

 

 そして、新たな見方として電車の旅を満喫するのにおすすめできるものに展望台列車スカイツリートレインがあります。名前の通り、展望台という景観が車窓から楽しめ、スカイツリーライナー同様に浅草から太田。大宮区間を走る列車となっており、この電車の見どころはそんな車窓からのより景色を楽しむことができる電車内における施設にあります。



スポンサーリンク

 通常、電車の窓というのが横についているもので、混雑状況によっては外の景色すら見れな状況もある中、このスカイツリートレインの場合は横からのみならず天井にも窓がついており、より景観を楽しむために工夫された窓が採用されているため、昼の景色のみならず夜における景色も楽しめるようになっています。そんな、写真家や夜景、自然の景色好きにおすすめできるのがこの展望台列車スカイツリーとレインの見どころだと言えるでしょう!

 

東武鉄道 新型特急車両「リバティ(Revaty)」とは

 

 そして、朝の通勤ラッシュや帰省ラッシュ。何かと電車にはもはや当たり前の現象とも言える混雑によるピークですが、これらを利用する人を分散し混雑によるストレスやラッシュを緩和させるものとして、最近登場した電車にリバティと呼ばれる新型特急車両があります。

 この新型特急車両は、主に浅草発の枝分かれから様々な目的地への足運びとして役に立ち、ラッシュと呼ばれる現象を緩和させるため快適に車内を乗り過ごすことができるようになっています!また、電車ならではの振動による騒音や揺れも少なく、本来なら長い電車旅になる目的地もそうは感じられない意見も多く、最先端をいく電車だと評価できます!

 

 誰も想像ができない、比較的新しい電車の目的が追求されている東武電鉄。そして、東武電鉄のいいところはそれらの実施によって、最近できた副都心線のようなラッシュ緩和の失敗や不評が少ないところにありますので今後も期待ができるのが東武電鉄です。あなたもそんな東武電鉄を利用して楽しい休日や日常を過ごされてみてはいかがでしょうか?

 

東武鉄道

http://www.tobu.co.jp

 

お客様センター お問い合わせ先

03-5962-0102

 

コメントを書く







コメント内容