スポンサーリンク

 

 ダイナースカード

 世界で初めて発行されたクレジットカードとして名の高いダイナースクラブカード。最近では、MasterCard、VISA、JCBといったブランドが日本では3大ブランドという位置付けになっていますが、今回は最近ではマイナーになりつつもまだまだ使いどころがあるダイナースクラブカードの特徴や使い方について紹介していきたいと思います。

 

ダイナースクラブカードの特徴

 

 ダイナースクラブカードは、国際的にも利用できる幅広い用途として使っていく事ができるクレジットカードです。日本における3大ブランドからはほど遠いシェア率となっていますが、主に富裕層をターゲットにした大企業における提携先が多いゆえに必然的にシェア率が低くなってしまうだけであって利用価値がこれに伴って低くなるということではありません!

 そして、特に特徴的なのが厳しい審査基準です。ゴールドカードの代名詞とも言えるアメックスよりも厳しめで年齢も27歳以上で年収500万円以上が求められるためクレジットカードの中では極めて高い部類に入ります。つまり、所持しているだけでも高所得者という証にもなりまさにステータスカードということになります。そして、名前の通り、ダイニングレストランにおける優遇や空港におけるラウンジ利用と他の人にはできない優遇サービスも受けられるのがこのカードの特徴です。

 

ダイナースのカードラインナップ

 

 そんな、高いステータスを誇るダイナーズカード。ここでは、ダイナーズにおける一般的なカードであるダイナーズクラブカードを元にその他のラインナップの紹介をしたいと思います。

 

JALダイナーズカード



スポンサーリンク

 実はダイナーズカードではこのJALカードのように飛行機会社と提携しているいくつかのラインナップが他にもあります。そして、基本的なダイナーズクラブカードでも多くの飛行機会社との提携先でマイルポイント貯めができるようになっており還元先も豊富ではありますが、デメリットがその還元率です。還元率が低めであるがゆえにマイルポイントの移行にも上限があり、よりどこかの航空会社に特化させた方がお得な使い回しができるようになっていますので、よく旅行をされている方はJALカードのようなものを選ばれることをおすすめします!

 

ダイナースクラブビジネスカード

 そして、ビシネスマンである法人の方がもっておきたいのがこちらのビジネスカード。年会費は通常のダイナーズカードのプラス5千円である2万7千円とかなり敷居の高いものとなっていますが、会社の社長や個人事業主には欠かせない社用経費決済や会計におけるスマートさをもたらす機能性に魅力溢れる1枚となっています!

 

ダイナースの年会費と請求は?

 

 そんなダイナーズカードの年会費は基本的には、2万2千円で何かに特化したものだと2万7千円と高く設定されているのが特徴的です。

 さらに、気になる請求に関しては、3つのお支払い方法から選べるようになっており、月に1回口座から引き落としされる1回払いと年に2回の給与ボーナス時におけるまとめてのお支払い方法、そして、むらのある収支に対し、毎月のお支払いを一定額に平均化されたいリボルビング払いにも対応しており、あらゆるニーズに対応がなされているのもダイナーズカードの魅力です!

 

 以上でダイナーズカードの紹介をさせていただきました。家族カードの発行ですら年会費5000円という設定になっており、まさに所得者の高い人からすれば持っておきたい1枚となっているダイナーズカードの魅力を参考にされてみてはいかがでしょうか?

 

ダイナースカード

https://www.diners.co.jp

 

お問い合わせ先

0120-041-962

コメントを書く







コメント内容


商品一覧