スポンサーリンク

 

 視聴率

 よく、テレビにおいて季節毎に各番組が一斉で放送スタートし、最終回を向かえる際に話題となりやすい視聴率。友達との会話でも自分のお気に入りとなったドラマを主旨に「でも、あの番組の方が視聴率は高かったよね。」という比較ネタはよくあることのように思えます。そんな、誤解されがちな気になる正しい視聴率という考え方を今回紹介していきたいと思います。

 

視聴率とは

 

 おそらく多くの人は視聴率とはどれだけ多くの人がその番組を見ていたのかにおける指標だと思っている方もいらっしゃるかと思いますが、視聴率には2つの考え方があり、個人視聴率と世帯視聴率を並べる事ができ、一般における視聴率ランキング等で発表がされているのは後者の世帯視聴率のため厳密には、世帯によって住んでいる人も1人から10人とバラバラなためより多くの人が見ているという考えは正しくないのが正解ということになります。

 つまり、あくまでも目安にしか過ぎずAとBという番組の視聴率が互角でわずかにAが上だったとしてもBの方が人数的には多い可能性もあるということになります。

 

視聴率ってどうやって、計測しているの?

 

 そんな気になる視聴率はそのようなデータを元に計算され発表や公表がされているのかはテレビを見ている側からすれば実感しにくく気になる部分でもあるかと思います。そんな気になる視聴率データは、テレビのモニター接続から得られるデータによって統計が出されており、視聴率=全国におけるテレビのモニター接続からの統計値と思いたいところでもありますが、実は統計元となっているデータは地域限定であり、全国規模でないところも誤解しやすい考え方なのではないかと思います。



スポンサーリンク

 私の考えではおそらく、全国規模というあまりに莫大な広範囲での統計調査は不可能でアンケートによる実施のみにしか今の技術では対応できないのではないかという考えがあります。

 

最新の視聴率をチェックする方法

 

 そんな莫大な統計値は絶対値とは言いにくいが、目安としてより多くの人が意識していた番組であることは間違えありませんので会話の中ではずむのは当然のことのように思えます。そんな、いつでもどこからでも視聴率を確認できる方法として、ランキング形式で実際のテレビ以外で確認できるおすすめのサイトがあります。それは、インターネットTVガイドと呼ばれるサイトです。このサイトは最新情報として地域毎でおそらくアンケートによる統計で公表しているものとなっており、地域毎での1日毎の視聴率を確認することができるようになっています

 例えば、新番組の放送の先駆けで雑誌等を読んで関心が湧かなかった番組の視聴率が高ければより気になるのが人の心。そんな、視聴率から面白い番組や気になる番組として選べる魅力があるのがインターネットTVガイドになります。

 

 以上で視聴率という正しい解釈の仕方および、視聴率という観点から気になる番組を知る活用法について紹介させていただきました。あなたも視聴率という1つの指標から様々な番組について関心を湧かせるのも生活する上で面白いのではないかと思います。是非、参考にされてみてはいかがでしょうか?

 

インターネットテレビガイド

http://www.tvguide.or.jp

 

 

コメントを書く







コメント内容


商品一覧