スポンサーリンク

ドローン

 

 2016年、ニュースで何かと話題になった空を飛ばすことで空中からの写真をありとあらゆる角度から撮る事ができるドローン。時より、美しい自然遺産のようなうっとりできる景観写真もドローンから撮られているケースも最近では多々あります!そんなドローンと呼ばれる機械について詳しく紹介していきたいと思います。

 

ドローンでどんなことできるの?

 

 ドローンでは多種多様な用途であらゆる分野で使用されていることでも知られています。ドローンは、小型ではあるものの空に飛ばす事ができる優位性から先程、紹介した景観を撮るためのカメラ以外にも赤外線を搭載することによって地表面温度分布や植生。またこのドローンから得られた情報を元に空から取れる物理的な現象のみならず気温などの科学的な情報の撮影にも大きく役に立ちます

 

 私は、以前農業系の大学に所属していた際、保険会社の方がこられた際にドローンから得られた災害マップをヒントにビシネスに役に立てたいというお話が来た際は、そんなことにも活用されるんだと感銘を今でも覚えている程です。つまり、ドローンは普通の人には思いがけないありとあらゆる用途で利用されている機械だと言うことができます。

 

ドローンに免許はいる?

 

 そんなありとあらゆる分野で使われているドローン。ここまでの話ですとドローンを使用する際、免許が必要なのでは?と思われる方も少なくないかと思いますが、ドローンを操作するのに免許は必要ありません



スポンサーリンク

 

 ドローンは誰でもリモコンを用いて、操縦をすることができるようになっていますが、規則があります。その規則の対象となるのが200グラムと先程紹介した研究などに用いられるドローンは飛ばす事のみならず飛ばした際に撮るためのカメラや赤外線カメラなどが搭載されるためこの200グラム以上のドローンに該当することが多くなります。仮にこれ以下でも、規則はないとはいえ、飛ばし方次第では民家の窓ガラスを割ってしまったり、人に当て大けがをさせてしまったりとなかなか利用できる場所が限られているため遊び感覚で使用することは難しいと言えます!

 

ドローンの価格ってどのくらい?

 

 そんな気になるドローンは非常に高額です。ドローン自体に何が搭載されているかにもよりますが、10万円ぐらいが相場で安くて5万円台といったところです。私が過去に利用していたドローンは、上空から得られる赤外線データの搭載がなされていた専門的分野に使われていたドローンだったため、価格は200万円以上でした。よってドローンにも種類によってお値段にばらつきがあるのが特徴と言えます。

 

 そんなドローンを初めて知られた方は驚くかもしれませんが、インターネット市場においても出回っており、割引等が実施されているドローンもありますので例えば、学生さんで自由研究のようなものがあればドローンを活用した研究をされてみるのも面白いかもしれません。

 

 以上で小型飛行機という名前でも知られるドローンの紹介をさせていただきました。自分で操縦することがで大きな広場や公園で使用すると大変面白いものがありますが、くれぐれも使い方には注意していただければなと思いますので是非、参考にされてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

ws646

 

 

コメントを書く







コメント内容


商品一覧