スポンサーリンク

 

 サッカー 欧州 2

 サッカー日本代表戦の盛り上がりを見ればわかる通り、サッカーというスポーツを知らない人はもはやいない中、サッカーは元々ヨーロッパにおけるイギリス発祥のスポーツということもあり世界規模でみると視野が狭いように感じます。そんな、世界規模でみた海外サッカーと日本サッカーの違いや海外から見た日本選手の評価について紹介していきたいと思います。

 

海外で今活躍している日本人サッカー選手

 

 そんな、一昔前まで海外へ移籍できれば凄い選手と評価されていた日本サッカーのあり方も変わっており、移籍のみならずビッククラブで活躍して初めて評価されるという時代に変わってきています。

 例えば、ACミラン、インテルと呼ばれるイタリアサッカー界を代表するチームに所属する本田選手や長友選手。ブンデスリーガーで活躍する香川選手や内田選手とそれなりに一発屋としての活躍でなく、長期的に活躍している選手が目立つのが今活躍していると評価されるのが日本サッカー界の現状のように思えます。

 実は、今では50名以上の選手が海外に渡っていることを一般の方からすれば認知できていないという点でもこれが裏付けとなるものと言えるかと思います。

 

海外での日本サッカーの評価は?

 

 そんな海外にいるマスコミや選手からも日本への評価が変わってきており、移籍するだけで凄いと評価される日本選手も現地では、試合においてはパスが回ってこなかったり、異国の地からの言葉や価値観の障壁といったプライベートエピソードも時より聞いてた昔とは違って今ではワールドカップでの活躍もあり認知度が格段に違ってきています。



スポンサーリンク

 日本人はプレースタイルにおいては、小柄ながらにテクニックのある選手が多いという評価が海外にはあり、これが日本人のイメージとしても浸透している中、最近では本田選手のような体の大きな海外選手にも決して当たり負けしない、パワフルで日本人らしくない選手の台頭によって、また評価も違ってきているものがあるのではないかと考えています。

 そして、人柄も評価されており海外では派手なプライベートやゴシップによってチームに迷惑をかけてしまう選手も多い中、日本人選手は練習のみならずプライベートも真面目で監督から好かれやすいという評価もあるようです!

 

海外サッカーは日本との盛り上がり方が全然違う

 

 そんな、海外で評価されて初めて日本のあり方として捉える事ができる海外サッカーの盛り上がり方は凄まじいものがあり度々事件が起る程です。私たちのような日本人は、大人しいゆえに実感があまり湧きにくいですが、海外の場合は好きな選手やチームに根づくというよりかは地元のチーム。そして、同じリーグ内には宗教的文化的異なる民族間による争いも起るため、フーリガンのような警察が厳重体制で見守る程熱くなってしまう時もあります。典型的な例がスペイン人率いるレアルマドリードとバスク人からなるバルセロナのクラシコと呼ばれる伝統的な一戦です。

 又、海外だとサッカーの発祥地域近隣でもあり歴史も長いことからも盛り上がり方に起因する要素にもなっています。

 

 以上で海外サッカーから見た日本選手のあり方や活躍している選手について紹介させていただきました。あなたも、日本代表やJリーグといった国内のみならずよりサッカーの本場を知るなら絶対的に海外サッカーだと思いますのでこの機会に関心を持たれてみてはいかがでしょうか?

 

コメントを書く







コメント内容


商品一覧