スポンサーリンク

ソリティア

 

 学校とかでもパソコンの授業がある度、パソコンの電源を入れるとデスクトップもしくは、スタート画面において目に映るトランプを用いた一人遊びができるソリティア。ついついやりたくなってしまうソリティアにもゲーム展開における種類がいくつかありますが、今回は一般的なクロンダイクと呼ばれるゲーム展開の紹介と魅力について紹介していきたいと思います。

 

ソリティアのルールと魅力

 

 ソリティアとは、用いられるトランプの枚数はジョーカーを除くと52枚です。クロンダイクではいかにこの52枚を組札と呼ばれる4枚の配置スペースにスート毎で1からキングまでの順番で並べられるか鍵になります。そして、ランダムにシャッフルされた予め配置されている7組の場札より、カードを探しては組札に振り分け、振り分けできない状況時においてのみ残りの山札から1枚ずつめくって振り分けていくのがソリティアのゲーム展開になります。

 

 一見、振り分けができなくなってしまった時点において負けとなるソリティアで負けることはないのでは?と初見においてやり始める段階での思惑も時に背き、それなりに頭を使った立ち振る舞いを怠ると負けに至ってしまうのがこのゲームの面白いところでもあり、真剣になれるところでもあります。

 

ソリティアを無料でやるには

 

 ソリティアの中でも一般的とも言えるクロムダンクの場合は、パソコン上において無料でMicrosoft Minesweeperと呼ばれるアプリケーションサイトよりインストロールすることもできますし、スマートフォンからでも無料で遊べるようになっており、私の場合だと通勤時間が長く退屈な時間だと思ってしまう私にとってはそんな時間を忘れられる有意義な時間の使い方もできる魅力がありますのでおすすめです。また、Windowsが提供するMicrosoft Minesweeperでは昔ならではのソリティアを含めたゲームも今では最新の技術が搭載されたものとして拡張版として楽しめることができるようになっているためその進化にも驚かれる方が多いはずです。



スポンサーリンク

 

 そして、現物トランプにおいても2組以上のトランプさえ用意できれば、誰が早く組明けを終えられるか競えるゲーム展開としても遊ぶことができますので大人になってからでも幼少期の思い出と共に今の視点で楽しめる魅力がソリティアにはあると思っています。

 

知っておきたいソリティアのコツ

 

 そんな、ソリティアはランダムシャッフルによって予め配置が決定するため、ある程度は運任せとなりますがこちら側でもコントロールできる部分があり、その唯一、コントロールできる優位性を疎かにしないかが重要になってきます。例えば、コントロールできる部分を挙げるとすれば見逃さないに尽きるかと思います。この山札からめくったカードにおいて振り分けができるのにも関わらず、見逃しをしてしまうと1回のミスで組札への振り分けができず、ゲームが終わってしまうなんてこともよくあることですので初心者に意識してもらいたいのがここの部分になります。

 

 そして、これができた上で場札で眠っている裏返しのカードをどれだけめくるための振り分けができるかが次のコツとも言えますのでこの2つにこだわれれば大分戦局の方も有利に進められることになりますので参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

 以上でソリティアのクロンダイクにおけるゲームの魅力と共に紹介させていただきました。あなたもあの頃とは違った視点でソリティアをもう一度やられてみてはいかがでしょうか?

 

 

ws632

 

 

PC版ソリティアダウンロード先

http://microsoft_solitaire.ja.downloadastro.com/

 

 

コメントを書く







コメント内容


商品一覧