スポンサーリンク

 

Adobereader

 

 インターネットにおいて、例えばある題材のプレゼンテーションの作成において題材の参考にしたい論文や資料を見る際にAdobe Readerのインストロール推奨のダイアログボックスが表示されてしまい閲覧できすにストレスを感じてしまったことは私の記憶として新しいものがあります。今回はそんなAdobe Readerを利用するにおいて便利な活用方法とそれ自体の紹介をしていきたいと思います。

 

便利なAdobe Reader

 

 インターネットから見つけ出すことができるPDFファイルを読み取ることができるAdobe Reader。一言でいえば、Adobe ReaderはPDFファイルを解凍するソフトでありMicro Officeが提供するWordやExcelといった書類等をPDF化することで幅広い人々への閲覧提供ができる活用法があります。

 

 そして、この文章等をわざわざPDF変換させるメリットにその後の編集が効かないところにあります。よって、論文などの著作権問題において確実にその人間もしくは、自分が作成したという確実な証拠として保存することができるためその人間の研究成果や学術成果を評価できるものとして考えることができます。

 

Adobeソフトウェアラインナップ

 

 そんなAdobe Reader以外にもAdobe製品として様々な利用方法ができ、文章の解凍においてがAdobe Readerなら画像編集においてはAdobe Photoshop、映画編集においてはAdobe Premiereと同じadobeでも様々なジャンルに特化したソフトウェアをインストロールすることができるようになっています。



スポンサーリンク

 

 しかし、Adobe Readerを除くとAdobeは日本の会社ではアメリカ社でもあるため、日本に普及されてからまだ10年と専門の人にしか利用が行き渡っていない部分もあり説明書やサポート等も英語なので全ての人が柔軟に利用できるまでには至っていないというのが現状でもあります。

 

Adobe有料と無料は何が違う?

 

 私がここまで紹介してきたAdobe Readerは無料版です。実はProという名称が新たに付け加わって有料版としても利用できるAdobe Readerは無料版とどこが違うのかが気になるところだと思われます。

 

 その違いは主に編集における上位互換であり、文章作成に特化しているAdobe Readerでは無料版では利用できない編集における文章の校正や段区切りといった文章の体裁を整える事ができる機能が増されており、より快適な編集と共に閲覧者にとって有意義な文章にするための見栄えや編集速度といったものをより高度なものとして活用していけるのが有料版を利用する強みかと思われます。

 

 以上でAdobeにおける活用法についていくつか紹介させていただきました。Adobe関連製品は、公式サイト以外でもパソコン.COMのようなそれ以外の通販サイトからでも購入し、パソコンへ取り組む事ができるようになっていますので入手の仕方自体は容易といえるかと思いますので是非、参考にされてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

ws642

 

 

 

Adobe

http://www.adobe.com/jp

 

購入に関するお問い合わせ先

0120-61-3884

コメントを書く







コメント内容


商品一覧