スポンサーリンク

 

 中日

 過去においては、10年以上もの年月においてセ・リーグで下位領域でペナントシーズンを終えることがなかった無類の強さを誇っていた中日ドラゴンズ。しかし、最近においては低迷期に入っている段階でこの波から抜け出せるのかが懸かった戦い方が見どころである今シーズンの中日ドラゴンズの見どころについて紹介していきたいと思います。

 

中日ドラゴンズの歴史とその強さとは?

 

 セ・リーグの中でリーグ優勝した経験も豊富でそうはならなかった年においても上位3チームに食い込むだけの毎年の強さがあり、リーグ序盤において成績が悪くても、終わる頃には上位の方に上がってくるんだろうなという期待も必然的なものとして感じられるのが中日ドラゴンズの強さかと思います。

 そんな中日ドラゴンズは、大きなドーム球場に加え人口が多く、産業も豊かな土地にホームグラウンドをかまえていることから巨人同様に豊富な資金で毎年繰り広げられるペナントレースに向けた準備を万全なものとして備えられる能力のある球団であることも強さに直結する魅力だと思っています。

 

中日ドラゴンズ チケット情報

 

 しかし、中日ドラゴンズの試合は比較的強い球団の中でも生観戦しにいきやすい野球チームという位置付けになっています。仮に動員しやすい強豪チームとの試合における対巨人戦や阪神戦。最近で言えば広島戦でも満員になることが少なく、座席を選べる自由さに魅力があります。



スポンサーリンク

 しかし、空席が目立つ決定的な原因はアクセスの悪さです。野球スタジアムのような広大な広さを必要とし、日本のインフラ整備が整ってからできた球場に関してはどうしても都心というよりかは郊外に立地しやすい傾向があるためアクセスも悪くなりやすいです。そんな、中日ドラゴンズの試合観戦のためのチケット予約には余裕があり、おすすめは公式サイトからの購入です。野球に関しては、座席指定等を考慮しなければどの市場もお値段はさほど変わりがなく、ユニフォームや選手のサイン入りのグッズも特典として手に入る公式サイトが1番おすすめです!

 

中日ドラゴンズ 2017年の見どころ

 

 毎年強い傾向があったとはいえ、最近の傾向は低迷気味である中日ドラゴンズは、監督への依存性の高い球団です。結局、黄金期であった落合監督の場合は就任してから退任するまで4以下でペナントレースを終えることは一度もなく、3位の時ですら1回で8年間ほとんど優勝か準優勝状態でありました。

 しかし、監督が変わった1年目においては最終順位が2位と球団自体の本当の強さを感じましたが、そこからどんどん低迷し始め、落合監督時代の現役捕手として活躍していた谷繁監督も優勝争いすらできずに退任されています。この2017年から就任した森監督に多くの落合監督時代の黄金期を見続けてきたファンは期待しているのではないかと思うのが今年の中日ドラゴンズの見どころかと思われます。

 

 以上で王者奪回に向けた中日ドラゴンズの球団事情について紹介させていただきました。セ・リーグでは以前においては考えることすらできなかった広島が昨年は優勝したり、阪神も再び強くなってきたりとセ・リーグ全体が激化している印象が見受けられますんで見どころ満載と言えます!

 

中日ドラゴンズ

http://dragons.jp

 

コメントを書く







コメント内容


商品一覧