スポンサーリンク

24時間がゴールデンタイム!TVer(ティーバー)を最大限に活用する方法

240_F_55388764_eMDrpGjQ1CQLCJK5dRvVQKuqAm8SAJxe

 

 会社の終わる時刻は夜の7時〜10時頃といったゴールデンタイム。また、ゴールデンタイムをまたぐ帰宅最中がゆえに身近な話題としてあがりやすいテレビ番組の視聴ができない方におすすめしたいTVer(ティーバー)の魅力について紹介していきたいと思います。

 

TVer(ティーバー)のいいところ

 

 TVerとは、一度放送されたテレビ番組丸々を視聴できる動画配信サービスであり、よくこれらのサービスにかかりがちな月額費用等を一切かけることなしに無料で視聴できるのが大きな特徴です。

 

 そんなTVerのいいところは時間という概念をなくすことができるところです。例えば、既に放送されてしまったテレビ番組は全て視聴することができ、どんな時間でもみれてしまうことから「あのテレビ番組が始まってしまう!観る事ができない!」といった焦りやストレスをなくすことができ、好きな時間で好きなタイミングで視聴することができるところが何よりいいところです。

 

TVer(ティーバー)のデメリット

 

 そんなTVerのデメリットは2つです。1つは番組視聴をする際に流れる広告の存在。しかし、この広告は普段テレビ放送の合間に流れるCMのような存在で時間は短く15秒程で終わってしまうのでCMだと思えばさほどストレスにはなりません。



スポンサーリンク

 

 そして、2つ目はTVerの特徴とも言えるものですが生活における時間という概念をなくすことができるTVerと言えども視聴できる期間が2週間という猶予が定められているのが特徴でもしあなたがあまりにも忙しく、タブレットからでも番組を視聴することができない場合に限っては視聴するタイミングすらも失ってしまうかもしれませんのでTVerを利用する上で覚えておいてほしいところになります。

 

TVer(ティーバー)をテレビで観るには?

 

 2週間以内であれば過去の放送をパソコンからでもスマートフォンからでも観れてしまうTVerをやはり画面も大きく、画質の鮮明度も高いテレビで観たいと思う日がくるかもしれません。そんな方に紹介したいのはHDMIケーブルの活用です。

 

 このHDMIと呼ばれるケーブルは現物で主にパソコンとテレビをつなぐコンダクターとなっており、お近くもしくはお手元にあるパソコンタブレットをお持ちであればパソコンで視聴していたTVerをテレビの映像として映し出すことが可能になります。

 

 また、このHDMIケーブルの価格帯は低く、主に500円〜2,000円の範囲内で売られており安くても接続さえできれば映り具合においてはテレビの画質に依存することになりますので画質の悪さや映りの途切れといった不都合なことも起きませんので利用するなら価格の低いHDMIケーブルがおすすめです。

 

 以上でTVerの魅力と最大限にTVerの魅力を生かせる活用方法について紹介させていただきました。そんな見逃しにストレスを感じさせないTVerは番組を選ぶ際もタイトル文字だけでなく映像の流れ始めである画像もついているため知らない番組も視聴したくなる魅力がありますのでこの機会にTVerを生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

ws641

 

 

TVer(ティーバー)

http://tver.jp

 

コメントを書く







コメント内容


商品一覧