スポンサーリンク

 

豪ドル

 

 FXにおいては資源国という位置付けからスワップ金利も高く取引しやすいと言われている通貨の中に豪ドルがあります。今回はこの豪ドルを利用していく上で注意しておきたいポイントと値動きの特徴について紹介していきたいと思います。

 

豪ドルの特徴

 

 豪ドルとは、オーストラリアで扱われている通貨であり金融関係者の中ではオージードルやオージー系通貨とも言われていたりします。そんな豪ドルの特徴はテクニカル的に安定しているところにあります。

 

 主に世界で取引量の多い通貨ペアというのは流動性が高く安定している通貨ペアが選ばれやすい傾向にあり、中でもオージードルやオージー円と呼ばれる通貨ペアに関しては世界の取引高においてトップ5に入るメジャーな通貨という位置付けにあります。

 

 また、時差が近いことから日本の株式市場における値動きが活発になりやすい朝の9:00頃と合わさるような形でオーストラリア市場も動き始めるため、午前中において流動性の高い通貨ペア選びで一助することにもなります。

 

豪ドルを扱うメリット

 

 オーストラリアというのは鉱物における資源に恵まれている国で資源国通貨ペアとも言われており、輸入物資における外交活動が薄くても自給自足がしやく大きな財政危機も少ない国と言えます。シドニーやゴールドコーストのような観光地から帰ってくる日本人が現地に行ってのんびりしていた国だなとお土産話しで多用することが多いのはこのことから結びついていると言えます。



スポンサーリンク

 

 つまり、このことからも自国の経済情勢に依存しやすい傾向が強く、為替市場においてはとにかく安定した通貨ペアと評価することもできます。また、元ゴンドワナ大陸とよばれる古期造山帯に属していることから隣国のニュージーランドのような地震災害の影響もないためテールリスクと呼ばれる暴落が起きにくく、スイングのような長期保有にも適した通貨と言えます。

 

豪ドルを扱う上での注意点

 

 しかし、一点だけ注意してもらいたいのが中国という存在です。オーストラリアの外交は主に同国に住むご先祖様にあたるイギリスやアメリカとの外交以外にも船や飛行機による移動コストを削減できる近隣国である中国との関係も強い国でもあります。

 

 そのため、アメリカに次ぐ第2の経済大国と評す中国の経済情勢を諸々受けやすい流れにあるのがオーストラリアでありマイナーな経済指標発表という位置付けながらに注視してもらいたいのが中国の経済情勢ということを覚えておいてほしいところです。

 

 以上で豪ドルの値動きの特徴と注視してもらいたい中国の経済情勢について紹介させていただきました。特に中国の経済指標発表自体を掲載しない証券会社というのは意外と多く、もし豪ドル関連の通貨ペアを意識したいのであれば合わせて中国の情勢を積極的に取り入れている業者選びという観点も考慮した方が尚良いと評価することができます。

 

 

ws647

 

 

 

 

コメントを書く







コメント内容


商品一覧