スポンサーリンク

 

 マネーフォワード

 誰もが生活の中で節約を考えてしまうのは自然的現象のように思えます。それながらに、節約を心がけることは自分の生活への理解も同時に高めることもできるので一石二鳥と言えるかと思います。今回はそんな節約に一助するマネーフォワードという家計簿管理アプリについて紹介していきたいと思います。

 

マネーフォワードのいいところ

 

 家計簿や会計。そんなマネーフォワードのいいところはとにかく視覚的にわかりやすいデザインにあります。例えば、家計簿として利用していく際は数字だけの入力や表示のみならずその数値をグラフ化したものとして表示されるようになっており、生活の中で消費している金銭的な割合が一目瞭然です。

 そして、算出元となる明細書に記されている金額や品目も写真1枚で自動入力されるところも非常に便利で手作業で1番手間となるこの部分の簡略化が1番使い始めて便利だなと心から感じた機能でもあります。

 

マネーフォワード 活用法

 

 そんな、マネーフォワードはスマートフォンにおけるアプリケーションとしてもインストロールをし、活用していけるようになっています。いつでも手短なものとして利用できるマネーフォワードを活用するに当たって実践してもらいたいのが貯金です。



スポンサーリンク

 裏を返せば節約とも言える貯金。明細書をインプットできるマネーフォワードで節約しなければならない項目は一目瞭然で何を改善すれば節約につなげられるのかもわかりやすくなります。そこで手短なマネーフォワードだからこそこだわってほしい項目は明細書として履歴が残らないものです。例えば、夏場において特に言えることですが自動販売機でお買い求めするペットボトルは手動で入力する以外方法はありません。しかし、いくら手動が手間だからといってこの項目を疎かにしては節約できない点においては注意してもらいたいところでもあります。

 

マネーフォワード 無料版

 

 そんな節約に便利なマネーフォワードとはいえ、節約したいのに有料版でお金をとられてしまうのは少し嫌な気持ちがすることもないのが人の情というもの。ここではマネーフォワードの無料版がどこまでの機能を利用できるかについて紹介していきます。

 結論から言えば、無料版も有料版と同等の機能として利用していくことができるマネーフォワード。しかしながら無料版には制限がかかっています。例えば、クレジットカードの明細と銀行取引における明細書を合算できるマネーフォワードで合算元となる金融機関の登録数は10件までとなっています。つまり、数多くの金融機関の利用元がなければ無料版でも苦にはなりませんが1番気をつけてもらいたいのが今使っているデータが1年後に消えてしまうということです。マネーフォワードでは月単位こそは比較ができるものの節約には欠かせない年毎の収支比較や支出比較ができない点においては覚えておく必要があります

 

 以上でマネーフォワードの使用感について紹介させていただきました。また、PC版のマネーフォワードでは本格的な家計簿や会計時に便利なものとして活用していけるようになっていますので合わせて参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

マネーフォワード

https://moneyforward.com

 

お問い合わせ先

0120-663-452

コメントを書く







コメント内容


商品一覧