スポンサーリンク

 

  NISA

 銀行や証券の世界で扱われており、呼びやすいその名から名前は知っているけれどどんなものなのかについてよくわかっていらっしゃらない方も現実には多いはず。しかし、そんなNISAを日本語にすると意外と理解が得られやすいのも事実です。そんなNISAについて詳しくここでは紹介していきたいと思います。

 

NISAの言葉の由来とは?

 

 NISAは日本語表記の場合ですと少し読みづらいですが、少額投資非課税制度という言葉にして置き換えることができます。NISAの発祥地はイギリスにあり、イギリスにおいては個人貯蔵口座と呼ばれており、英語表記でISA。つまり、この制度の日本語用としてNIPPONの頭文字を付けた結果NISAという言葉が生まれました。

 しかし、そんなNISAを理解する上でわかりやすいのが日本語表記である少額投資非課税制度という言葉にありますので次に詳しく紹介したいと思います。

 

NISAを利用するメリット

 

 少額投資非課税制度の少額という言葉の部分にまずは着目したいと思います。NISAとは、金融機関における制度です。つまり、あなたが資産運用をしていく上で条件次第ではNISAの制度を利用して上手な資金括りができるようになります。

 この少額とは、実際に預ける際の金額であり上限120万円までを銀行に預けて運用をしていくことができるメリットがあり、そもそも信託銀行のような顧客のターゲティングが大口投資家や法人といった大きな資金を既に持っている人でない方も資産運用していけるところにこの少額という面で恩恵を受けることができます



スポンサーリンク

 そして、次に着目するのは投資という言葉。これは実際に資産運用をしていく上での金融商品のことであり、NISAの対象になるのは株と投資信託となっています。そして、最もNISAを活用したいと思える魅力がやはり、非課税です。どんな金融商品にも税金というものはつきもので国内口座なのであれば一律で20%が適用されてしまい稼いだ資金丸々を生活の中で利用していくことができない悩みは投資家ならではのものです。

 しかし、NISAを利用すれば課税の対象とならず猶予の期間も最長で5年と本来資産運用で得た資金の20%は溶けてしまう資金も全額手元に残しておくことができるのは大きなメリットになります。

 

NISAのデメリット

 

 そんなNISAを詳しく理解するにはメリットのみならずデメリットの部分にも着目した方がより実用的な手段として活用することができますのであえてデメリットについても紹介しておきます。

 一見、得た資金に対して税金を支払わなくてもいい制度として捉えてしまいがちですがNISAが適用されるのは金融商品であり、金融商品ならではの損害も時にうけてしまうところにデメリットがあり、例えば金融商品として選定した商品が株式なのであればその会社の業績やマーケティング次第では損害を被ることにもなり、投入した資金の元本割れのリスクも起こりうることを始めから理解しておかなければなりません。しかし、これを理解した上であなたなりの資産運用におけるノウハウがあるのであれば課税対象とならないNISAはよりよい制度として利用することができるようになるでしょう。

 

 以上でNISAにおける概要と詳しい詳細について紹介させていただきました。NISAでは今年度より上限額が以前の20万円程あがっているためより上限に近い資金を預けられるのであればその分のリターンも返ってきますのでこの機会にNISAという金融制度も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

コメントを書く







コメント内容


商品一覧