スポンサーリンク

ws213

郵便番号検索を簡単に手早くできると、キーボード入力が楽になる場合があります。検索のコツとして3種類の方法を覚えると、番号を探す負担を減らせます。まず1つ目は、日本郵便の公式ウェブサイトトップページの「郵便番号検索」から探す方法です。番号発行元である機関が運営管理するサイトですから、更新されることに安心感があります。検索方法は、プルダウンメニューから都道府県名を選択して市町村名を入力すると、あいうえお順に並んだ住所一覧が表示されます。検索したい住所を探す場合、この一覧から検索範囲を狭めるように選択していくという形になりますので、検索スピードが若干落ちてしまうことが気になるところです。常に更新されているという安心感とは引き換えといったところです。

 

郵便番号検索 – 日本郵便

http://www.post.japanpost.jp/zipcode/

 

更新頻度が気になるなら・・・

更新頻度が気になる場合、2つ目の検索方法として、地図検索サイトを利用してもよいでしょう。データベースが更新されていることを前提とするオンライン地図サービスは、検索ツールとして便利です。代表的なものでは、Googleの検索窓に住所を入力して検索すると、検索結果のトップページにGoogle Mapsで住所の位置が示され、郵便番号も表示されます。ただし、これらのサービスを使う際は、オンラインであることが必須です。



スポンサーリンク

 

オフラインで郵便番号検索をしたいときに便利!

オフライン時に郵便番号が知りたい時には別の方法を考える必要があります。オフラインで検索するならば、3つ目の検索方法として、入力補助プログラムを使用することをお勧めします。端末に予めインストール済みのATOK、Google日本語入力、IMEなどのプログラムの自動変換機能を活用します。

 

例えば、半角ではない日本語入力の状態で、住所を入力して変換すると番号が入力候補として示されます。プログラムによっては、入力前に郵便番号が表示されるように設定しなければならないものもあります。

 

このような入力補助システムを利用する際に、注意したいことは、住所と番号のデータベースの更新頻度です。もちろん、アップデートなどが定期的にあれば心配することはありませんが、都道府県の吸収合併などと、更新が常に同期しているかどうかというのを確かめることは、開発元が管理することですので難しい面があります。これらのことに注意すれば、オフライン時でも、テキスト入力が大変ラクです。以上が、番号検索のコツです。ぜひ、一度、お試しになってみてください。損はしないです。おすすめします。

コメントを書く







コメント内容


商品一覧