スポンサーリンク

 

ws254

 

スカイマークは低価格で航空輸送を実現した日本で初めての航空会社といっても良いでしょう。LCCとの競争激化で経営が立ちいかなくなり、現在は再生中ですが運航は今も継続しており、顧客としてはなんの懸念もありません。

 

スカイマークのメリットは?

最大のメリットと言えば、なんといってもその価格です。大手の他社比較で半額以下は珍しくありません。各航空会社ともに運賃が複雑になってきているので比較が難しいこともありますが、同じ条件、例えば3日前に予約するという状況であれば大手他社よりも価格が高いことはほぼないと言えます。



価格の比較だとLCCとの差も気になるところです。LCCと比較するとスカイマークの方が高いこともあります。ただ、運行状況がLCCとは異なります。路線も充実していますし、同じ路線でも運航便数がスカイマークの方が多いため、時間帯の選択余地があります。ちょうど大手航空会社とLCCの中間(ややLCCより)というバランスもメリットの一つと言えます。



また、羽田空港の発着枠を比較的多く持っていますので、羽田発着路線が多いのも特徴です。羽田から札幌、神戸、福岡、鹿児島、那覇に直行便があり、神戸経由で長崎への便もあります。現在、経営再建中のため、収支構造が強化されていけば羽田以外の空港も含めて路線の拡大は期待できるといえます。



スポンサーリンク

 

スカイマークのデメリットは?

一方、デメリットと言うと運航便の遅延やキャンセルが大手航空会社よりも頻度が高いという点です。使っている航空機が限られていますので、他の路線で遅延が発生するとその影響が玉突きで後続便に影響してきます。また、各空港では着陸ができる時間に制限がある空港もあり、遅延が重なることで予約していた便が欠航になる可能性もあります。効率よく航空機を使うためには、便と便の間を短い時間にすることが必要です。それは逆に遅延のリスクともなる訳です。

 

ws255

また、整備は航空機にとってつきものです。計画していない不具合が見つかることで長期に航空機が整備をしなくてはならなくなることも珍しくありません。通常、予備の機材があるものですが、その余裕が大手に比べると若干少なめという点も欠航の可能性に関連してきます。



スカイマークのメリットとデメリットをまとめると、まずメリットは価格の安さとLCCにはない路線構成。デメリットは遅延と欠航の可能性がやや高いという点です。メリットもデメリットも事前に把握したうえで予約すると、いざデメリットの部分にあたってしまった時もある程度許容しやすくなるという点もありますので、下調べしたうえで理解して予約するのがストレスのない旅行に繋がるでしょう。

 

 

ws641

 

 

 

スカイマークの公式サイトはこちらから

http://www.skymark.co.jp/ja/

 

コメントを書く







コメント内容


商品一覧