スポンサーリンク

 

ws258

 

台風情報を正しく活用できていますか。台風情報は気象庁や日本気象協会、ウェザーニュースなどのホームページから常に最新の情報を確認する事が可能です。しかしそれぞれの台風情報の利用にはメリットとデメリットが存在しており、正しくそれらの情報を活用できていないと誤った認識をしてしまう危険性があります。


気象庁のホームページでは常に最新の情報が更新されており、詳しい情報が細かく記載されています。ですが気象庁のホームページに出される情報はどれも難しいものが多く、専門的な知識がないとわかりづらいデメリットがあります。


また文章が多くスマートフォンなどの小さい端末では見難い点もありますので気軽に台風情報をチェックしたいという方には不向きです。

 

日本気象協会のホームページはシンプルなデザインで図解などを使って説明がおこなわれていますので、専門的な知識がなくても状況を把握しやすいです。


しかし気象庁が出す情報に比べて説明が短いので今後どのように変化していくのかを知りたい場合には物足りないかもしれません。

 

ウェザーニュースの場合では気象庁が発信しているような細かい説明に加え、日本気象協会のホームページのような図解による説明がおこなわれているので天気について詳しくない方から専門的な知識を持っている方まで幅広い方に満足してもらえる情報提供がおこなわれています。



スポンサーリンク


また最新の技術を活用して被害状況や対策方法などをリアルタイムで更新しています。
しかしウェザーニュースのサービスは最先端の技術を取り入れている為、古いパソコンや古いスマートフォンでは全てのサービスに対応していない可能性が高いです。どのサービスが悪くてどのサービスが良いという訳ではなく、それぞれのサービスにメリットとデメリットが存在していますので使い分けが重要になります。


それぞれのサービスを状況によって使い分ける事で、全てのサービスを最大限に活用する事が可能になります。今まで1つのサービスしか活用していなかった方は、この機会にいろいろなサービスを複合して活用してみてはいかがでしょうか。


台風情報では台風の位置、進路予想だけではなく被害状況や交通機関の情報も重要になります。関連した情報を効率よく入手する為にはたくさんのサービスを同時に活用するのが一番です。


またパソコンやスマートフォンなどのブラウザのバージョンを常に最新にしておくことも重要です。スマートフォンの場合は専用アプリなども存在していますので、興味のある方は確認しておくといいでしょう。

 

気象庁の台風情報はこちら

http://www.jma.go.jp/jp/typh/

 

日本気象協会の台風情報はこちら

http://www.tenki.jp/bousai/typhoon/?typhoon_number=0918

 

ウェザーニュースの台風情報はこちら

http://weathernews.jp/typhoon/

 

コメントを書く







コメント内容


商品一覧