スポンサーリンク

 

ws268

 

日本初のLCCと言えばピーチ航空です。ピーチはANAホールディングスが筆頭株主に名を連ねていて、安心の日系としてそのサービスには定評があります。

 

実際に私がピーチ航空を利用してみて感じたことは、一般の航空会社と比較して機内は当然LCC仕様で多少狭いものの、フライトアテンダントの方の対応や丁寧さは申し分ないものでしたし、日系ならではのきちんとした日本語でのサービスに安心感を覚えました。

 

さらに、ピーチはお得な期間限定のセールを定期的に行っているだけではなく、そのお得なセールを1日早く購入できるPeach Expressという特別なサービスがあります。

 

各LCCがキャンペーンやセールを実施していても、すぐに売り切れてしまって結局チケットを手に入れることができなかったという経験をしたことがありませんか?

 

私もセール予告のメールが届いて、セールの時間帯に待ち構えて予約しようとしたことがありますが、なかなかアクセスできず完売してしまって悔しい思いをしたことがあります。

 

Peach Expressを使うには、税込で5400円の年会費がかかってしまうというところが一見デメリットに思えます。しかし月々に換算すると毎月450円で利用できるため、頻繁に旅行する人にはトータルコストを考慮すると、かなり節約することができます。



スポンサーリンク

 

これがメリットになるかデメリットになるかは、個人の利用頻度によって異なるので、一概にどちらが良いと明言できませんが、私はこのサービスを利用しようかどうか検討しているところです。

 

その他のメリットとしては、ウェブサイトが見やすく、予約の手続きや時刻表の検索などがしやすい点のほか、特筆すべきはピーチ航空の機内持ち込み手荷物の制限が無料で10キロまでとなっている点です。

 

他社のLCCは7キロまでのところが多く、手荷物だけで旅行しようとしている場合、この3キロの差は大きな違いです。機内にチェックインする荷物があるとその分料金がかかってしまうため、非常にお得です。

 

気になるデメリットは?


逆にデメリットとしては、路線やフライトの本数は増えてきているもののフライトによっては早朝や夜遅くに出発するようなこともあり不便や不都合が生じる点です。場合により前泊が必要になったり現地到着が深夜になることもあり、ホテル代やタクシー代が高くつくこともあります。

 

深夜料金2割増はキツイ!!

 

費用を抑えて旅行しようとしている時には痛い出費となります。またLCCである限り、遅延やキャンセルの可能性が高いこと、それらが発生した時の対応について一般の航空会社と同じような対応を求めることができないという点についても留意する必要があります。そのため、遅延やキャンセルが許されない大切な商談などを目的としたビジネスでの利用はあまりおすすめできません。ある程度スケジュールに余裕があり、お得な運賃でチケットを購入し、機内で安心して日本語のサービスを受けたい人というにはおすすめです。

コメントを書く







コメント内容


商品一覧