スポンサーリンク

ws309

 

 西武ライオンズは埼玉に本拠地を置くパリーグの球団で、昭和53年から埼玉を本拠地としています。もとをたどると西武は西鉄ライオンズが前身ということになります。昭和30年代に黄金期を迎えた西鉄は昭和40年代に黒い霧事件に絡んだ選手が複数おり、地元のファンが離れたこともあって西鉄から太平洋クラブ、クラウンライターへ球団譲渡されました。そして西武に身売りされた際に本拠地も福岡から埼玉に移転したという歴史があります。

 

 西武ライオンズのファンの中には、昭和の終わりから平成の初めにかけての強い時代を懐かしく振り返るファンも多いです。西武は広岡監督が指揮をとった昭和57年に埼玉に移転後初の日本一に輝き、そこから平成6年までの13年間で、リーグ優勝11回、日本一8回という輝かしい記録を残したのです。

 

工藤、秋山、デストラーデ、清原がいた頃の西武は強かったですね!

 

ws311

 

 プロ野球界では昭和40年から48年までの9年間、すべて日本一に輝いた巨人のV9が有名ですが、西武ライオンズの昭和の終わりから平成の初めにかけての強さは、長いプロ野球の歴史を振り返ってみても巨人のV9に次ぐものであると言えます。また、昭和60年から平成6年までの10年間だけに限れば、この間でリーグ優勝を逃したのは平成元年のたった一度だけという凄さなのです。



スポンサーリンク

 

 しかもその平成元年も、残り数試合の時点まで近鉄、オリックスと激しい優勝争いをしていましたので、優勝戦線には終盤まで残っていたわけです。従ってこの時期の西武の強さに憧れてファンになったという人は非常に多いです。ファンになれば応援歌も覚えますし、チケットを入手して球場に足を運ぶようにもなります。

 

 また、ネットで西武ライオンズブログを書いているファンもおり、サイト上でファン同士が交流したりしています。プロ野球観戦早球場に足を運んで観戦することが面白いです。テレビの画面で見ているより実際に足を運んだ方が迫力も全然違いますし、外野席に入ればホームランボールをゲットできる可能性もあります。

 

 ライオンズのホームランバッター中村選手のホームランを球場で見た際の興奮も最高で、ファン同士が握手をするなど、盛り上がりも最高になります。

 

 また、面白い話題として、西武プリンスドームで日本ハムと試合がある時、日本ハムの杉谷選手のバッティング練習の際にウグイス情の女性が気の利いた場内アナウンスを行うことが恒例になっています。これは暮れのテレビの番組でも紹介されていましたが、今やこの球場の名物として広く野球ファンに知られるようになりました。

 

最近の話題では、辻発彦氏が新監督に就任しましたね!

 

ws310

 

2017年、どんな戦いを見せてくれるのか楽しみです!

 

埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
http://www.seibulions.jp/

コメントを書く







コメント内容


商品一覧