スポンサーリンク

 

ws317

 

 北海道新幹線は、北海道と本州を結ぶ新たな移動手段で、ビジネスや旅行を行う人にとって気になる存在です。北海道から本州に移動したい場合、従来は空か海の選択肢が主流でしたが、北海道新幹線の登場によって、新たな移動手段が選べる状況になりました。


 基本的な使い方は他のエリアを走る新幹線と同じく、発着地の時刻表を確認して、目的のチケットを買う方法になります。また、予約で割引が得られるのは飛行機と同様で、早めに予定を決めておいたり、時刻表を見て計画を立てておけば、お得かつスムーズに乗り降り出来るようになりますね。

 

 まだまだ発展途中である事、本格的な運用はこれからなので、北海道新幹線の真の価値は未知数といえます。しかし、陸路を本州と直接結べる新幹線は、他の移動方法にはないメリットがあります。

 

 料金の比較だけを行えば、効率化が成熟している飛行機の方に分はありますが、北海道新幹線は天候に左右されにくい安定性、そして移動の手間が少なくて済む点は魅力になります。デメリットを多く感じたり、違った選択肢を選んだ方が良いケースは、移動の快適性や安心感よりも、料金の安さと時間の早さを優先する場合です。直線的に移動出来る飛行機は、新幹線よりも無駄が少ないので、飛行途中に問題が生じたり、着陸に支障がなければ早く目的地に付く事が出来ます。


 一方の北海道新幹線は、各地の運行ルートを横断しながら進むので、必ずしも直線で時間短縮出来ない事はデメリットになり得ます。ただ、途中で停車駅が設定されている事もあるので、停車時間中に休憩したり、地域によって違う様々な風景が楽しめるのは利点になりますね。ビジネス目的の場合は、天候の影響を受ける飛行機の代替手段として有効で、停車駅があれば一時的に下りてお買い物が行えるので便利です。



スポンサーリンク


 短期間で広範囲を旅行したい、そういったニーズも、移動区間中に停車駅のある北海道新幹線は、時間と移動の無駄を減らすメリットの多い選択肢になります。逆におすすめ出来ない利用は、料金を安く抑える事が最優先で、新たな移動手段に抵抗感を覚えている場合です。料金だけは空路に勝つ事が難しいので、今後新幹線の運行の成長と安定化が進んだとしても、金額で飛行機に敵う確率は低いと考えられます。時刻表が新幹線と被っていたり、停車駅が目的の場所と違う場合も、決して勧められない方法になります。


 私個人の目線で捉えれば、このように人や目的を選ぶ移動手段に違いありませんが、北海道から高速に陸路が移動出来る新たな手段なので、時刻表と都合があえば一度は試してみたいです。

 

 座席別の利用状況を見てみると、一日の平均が50%以下となっており、東海道新幹線などと比べると、空席が多い状況になっています。現在は、新函館北斗駅までですが、2030年末開業予定の札幌まで開通した時は、どのような数字の変化があるか楽しみです。

 

ws316

 

 

ws641

 

 

 

北海道新幹線公式サイトはこちら

http://hokkaido-shinkansen.com/

コメントを書く







コメント内容


商品一覧