スポンサーリンク

 

NTT_docomo_company_logos.svg

 

credit-card-348720_960_720

 

 

2015年12月にドコモが新しく打ち出したサービス、dポイントならびにdカード。

一昔前まではDCMXとしてサービスを提供していましたが、今回新たにdカードとして生まれ変わったようですね。

 

スマホがすっかり主流になり、携帯電話料金も高い昨今…そこに加わる光回線などのインターネット料金…決して小さな負担ではないですよね。

どうせならば、最大限に良い形で手元に還元したいですよね。

 

今回はこの “dカード”  果たしてそれを実現できるのか、検証してみました。

 

dポイントってどうなの?

ソフトバンクが毎月の電話使用料に応じて、T-POINTを提供するのと同様に、ドコモも昨年12月からdポイントを付与しているようですね。

T-POINTはおなじみですが、dポイントはどういった使い道があるのでしょうか。

 

以下にまとめてみました。

 

★dポイントの使い道(1p=1円)

・日常の買い物で使ったり、貯めたりできる。(主にローソンや高島屋、マクドナルドなど)

・特定のお店での割引

・携帯電話本体や付属品の購入に充当できる。

・月々の携帯電話料金の支払いに充当できる。(ドコモユーザのみ)

・データ量の追加購入に充当できる。    (ドコモユーザのみ)

・寄付

 

などなど。

電話関係にとどまらず、日常の買い物でも使えるのは嬉しいですね。

ただ、T-POINTなどと異なるのが、お店によって、使えるか貯められるかが異なるということ。

例えば、ローソンでは使うことも貯めることも可能ですが、洋服の青山やスーツカンパニーでは貯めることしかできません。

詳しくは下記のリンクで確認できますが、1つの注意点といえるかもしれません。

http://official.search.smt.docomo.ne.jp/plusd/?_ga=1.130863366.847124082.1480996468

 

 

 

このdポイントを貯められるカードが、その名のとおり “dカード”。



スポンサーリンク

クレジット機能が付いているものとそうでないものがありますが、今回はクレジット機能付きdカードを検証します。

 

どのdカードが適している?

気になるdカードですが、VISA、MASTERの2つのブランドから、ノーマルタイプとゴールドタイプが発行できます。

そして、どちらのタイプもドコモの便利な決済サービス iD対応であり、Apple Payにも対応しています。

 

(ちなみに、ドコモユーザのみ発行できるのではなく、他のキャリアの方も資料請求から発行できます。後述しますが、ドコモの決済サービスiDやお店のクーポンなどが魅力で発行される方も多いようです。)

 

ノーマルタイプとゴールドタイプでは大きく特徴が異なります。

 

                ★ノーマルタイプ            ★ゴールドタイプ 

・年会費             *初年度年会費無料           1万円

・電話料金ポイント還元率     1%(100円につき1ポイント)     10%(100円につき10ポイント)

・買い物ポイント還元率               1%(100円につき1ポイント)     1%(100円につき1ポイント)

 

*初年度の利用がなければ翌年度から1250円(家族会員は400円)

 

基本的な違いはこの辺りでしょうか。

なお、ゴールドタイプはこれに加えて、プレミアムクーポン(テーマパークやホテル宿泊の優待など)への抽選、国内空港優待ラウンジの利用、旅行保険もサービスとして提供されます。

 

電話料金10%ポイント還元は、ドコモユーザにとっては魅力的ですね。

ですが年会費1万円というのは慎重に検討しなければなりませんね。

プレミアムクーポンも必ずもらえるのではなく、抽選とのことですし…。

 

・ドコモユーザであり、月々結構な額の料金を支払っている。

・旅行によく行き、保険や優待ラウンジもたくさん使う。

 

など、ご自身のライフスタイルに照らし合わせて、お得が得られる方を選択できるのが良いかと思います。

 

せっかくご自身のライフスタイルに合わせてお得が得られる魅力的なカードですので、

年会費と得られたポイントやサービスにマイナスの隔たりが出ないように、慎重に検討してくださいね^^

 

コメントを書く







コメント内容


商品一覧