スポンサーリンク

 

s000_360 

 家から外を出て、少し大きな道路に出れば、必ずといっても見かける仕事や学校で使う路線バス。のんびりとした走行からか電車だとか車とはまた違った視点で目的地へ連れて行ってくれる。今回はそんな交通手段として路線バスを使用する人に向けたご紹介をしていこうと思います。

 

路線バス時刻表の便利な調べ方

 バスの時刻表を確認する方法として一般的なのはバス停にあるデジタル式の時刻表を確認することでしょうか?最近では、このデジタル式の時刻表を見なくても常に持ち歩いている携帯からいち早く調べることができます。ここでは携帯を使った便利な時刻表な調べ方をご紹介します!あらゆるサイトでバスの時刻表を調べることができますが私がオススメするのは、NAVITIMEを使った調べ方です。出発地となるバス停名を入力すると検索できるようになっており、私はもともと、バス停に設置されてあるデジタル式の時刻表を写真でとって毎日確認していた人なので、デジタル式として記載があるこちらのNAVITIME路線バス時刻表を頻繁に使用しております。それにデジタル式の方がバスの到着の前後が一目瞭然です!

 

 

覚えておきたい路線バスがおくれているときの調査法と対処法

 信号待ち、乗車する際の混雑状況により一般道路を走っている以上、路線バスが遅れて到着するのは仕方のないことであり、よくありがちな光景でもあります。電車の場合、構内、車内に流れるアナウンスでいち早く遅延状況等を確認することができます。しかし、バスは一般道路を走っている以上、アナウンスなどによる知らせを聞くことができません。ここではそんな遅延状況の調査法と対処法をご紹介します。

 

  • 調査法 —運行状況を調べる

 調査方法としましては、その使用するバスの路線名、扱っているインターネット上における公式サイトからの運行状況を調べることができます。例えば、都電荒川線の場合だと、バスがバス停に近づくと「まもなく」「3分後」といった到着する目安の時間が表示されておりますので5分、10分待ってもバスが来ない、乗り遅れそうといった時は確認するようにしましょう。



スポンサーリンク

 

  • 対処法 -気持ちを落ち着かせるー

 バスが遅れるものは、仕方のないこと。対処法として考えられるのは早めにバス停で待つといったことぐらいでしょうか?遅れたときのことを考え予め時刻表で次に来るバスとの時間間隔を把握しておくことや駅に向かうバスの場合は遅延証明証をもらえる場所も把握しておくことで心理的に落ち着いた状態でいられるようになります。

 

 

路線バス料金がお得になる方法

 路線バスには地域性があり、例えば、路線内は一律で220円、1駅進む毎に運賃が加算されていくのど、全国共通ではない以上これが定番の節約術!といったものはないような気がしますが少しだけ紹介していこうと思います。

 

  • 定期券を購入 -長いスパンでよりお得に!-

 路線バスを日頃、通う職場や学校への交通手段としている人は長期で使用すればする程、トータルでお得になります。学校は学生割引等もありますよね。私も学生時代は割引で定期券を購入してましたので学校以外の用でも気軽にバスを利用することができてました。

 

  • 回数券を購入する -用事事はひとまとめにー

 あまり、日常的に路線バスを使用しない方はこちらの方法が節約につながるでしょう。10回分まとめて購入すれば1回分はお得になるはずです。その他にもバスを使って行く際の用事を1回のバスによる乗車分で済ませるなどの工夫はできるはずです。

 

 便利な調べ方でも述べたましたが、デジタル式以外にもアナログ式の時刻表を調べるサイトやスマートフォンアプリも多数存在しますので、自分の使いやすい時刻表の検索方法を活用してみるといいでしょう!

 

路線バスNAVITIME

https://www.navitime.co.jp/bus/

コメントを書く







コメント内容


商品一覧